水辺の写真家・武田晋一のホームページ 『水の贈り物』 と合わせてご覧ください。
09/15のツイートまとめ
TakedaShinichi

9/15 助からないと思っても、助かっている。https://t.co/LzIojFI1nV ←ホームページの撮影日記を更新しました。
09-15 10:28

09/12のツイートまとめ
TakedaShinichi

9/12 渓流魚のお腹の中から出てきたのは・・・ 。https://t.co/LzIojFI1nV ←ホームページの撮影日記を更新しました。
09-12 08:13

水族館やフィールドではそこまで感じないのに、自分で飼育をしてみると、クラゲが思っていたよりも魅力的でビックリ。水槽に曲げた塩ビ版を入れ、水槽の底をお椀のようにカーブさせ、ろ過装置の水の勢いで水がクルクル回転するようにして飼います。 https://t.co/3XzkSub9R9
09-12 09:29

ありがたいことに、カタツムリハンドブックがそろそろ増刷される予定です。もしも、「ここ間違えているよ」などという箇所に気付いた方がおられましたら、増刷の際に対応したいので、是非、教えてください。 https://t.co/t0C5W0dPDp
09-12 13:03

僕が写真を撮る動機は、子供の頃の「川が欲しい」という思いです。さすがに川は所有できないことが分かりましたが、代わりに、写真で川を持ち帰るのです。カタツムリハンドブックも、動機は同じですね。
09-12 13:10

09/10のツイートまとめ
TakedaShinichi

ヤマメとイワナを釣り白バック写真を撮り、バンガローに泊まり込みで翌日は趣味の渓流釣り。子供の頃から憧れに憧れた状況も、仕事があると気が気じゃない。特に渓流魚は、釣れない時には手も足もでないから。よくアスリートが大きな大会で、楽しみたいと口にしますが、それは=強くなりたいですね。
09-10 08:33

問題は、撮影用の水槽を設置した場所まで魚を生かして持ち帰れる場所で釣らなければならないこと。そんなアクセスがいい場所は釣り師が多く釣れないんです。ようやく釣れた一匹は、こんな時に限って大物で、撮影用の水槽では少々厳しい大きさでした。 https://t.co/dbtIbvw7V9
09-10 08:39

09/09のツイートまとめ
09/07のツイートまとめ
TakedaShinichi

小さな生き物の写真の場合、取り扱いが「虫」と「それ以外」に分けられることが多く、「それ以外」のものを撮ると、さまざまな分類群の生き物を撮ることになり、機材、技術、知識、気持ちの切り替えに苦労させられますが、やっぱキレイだわ。ウミウシ https://t.co/9LvkDlhFS2
09-07 20:46