FC2ブログ
水辺の写真家・武田晋一のホームページ 『水の贈り物』 と合わせてご覧ください。
ニコンの画像閲覧ソフト「ViewNX 2」「ViewNX-i」の話
ニコンの現行の画像閲覧ソフトは「ViewNX-i」ですが、旧「ViewNX 2」には現行のソフトにはない機能があり、僕は両方ともに使用しています。
ところが、最新バージョンの「ViewNX-i」でラベルを付けた上でCapture NX-DでRAW現像したTIFFやJPG画像は、「ViewNX 2」では拡大表示ができません(サムネイルは表示できる)。
多分、最新のラベルを「ViewNX 2」では読むことができず、何かラベルが付いているのにそれが読めないものだから、表示されないのだと思います。

しかしその拡大表示ができない画像を、いったんフォトショップで開いて何らかの処理をして保存し直すと、拡大できるようになります。フォトショップで保存をする時に、その読めない部分が無くなってしまうのではないかと想像しています。
画像にラベルを付けるって案外難しいことなんですかね?
ラベルに関しては、「ViewNX 2」にしても「ViewNX-i」にしても、ちょくちょくバグがあります。

ニコンのソフトは他社よりも志が高いし、フジ以外の主なメーカーのカメラはすべて試した僕が、今はほとんどニコンだけを使うようになったのは、よく考えてみるとソフトの部分が大きいのですが、評価しつつ、もうちょっと頑張ってほしいものです。
そんなにソフトって大切?と感じる方もおられるでしょうが、大量の画像を短時間で効率よくさばくためには、ソフトの出来が重要なのです。

ニコン1V3の色被りを補正する
ニコン1は軽量なので、いつでも持ち歩ける。それからセンサーが小さいので、小さな被写体を、あまり頑張らずに大きく撮影できる。その点大きな一眼レフは手軽ではないが故にシャッターチャンスを逃すこともある。
正直に言えば、僕にとってのニコン1シリーズは、一眼レフに執着して写真は撮らないよりは、少々画質が悪かろうが撮った方がましだと考えて導入したカメラだった。
ところがじっくり使ってみると、ニコン1が大部分の仕事に通用する実力を持っていることが分かってきた。
一眼レフのような画質のゆとりがないことは確かだけど、このカメラを放っておく手はないという思いが日に日に強くなってきた。

さて、ニコン1V3には、1つだけ放置したくない弱点がある。
それは、画面の左右で色が違うこと。具体的には、右がマゼンタに、左がグリーンに被る。
色被りの程度は一般の人が使用する分には無視できるレベルだと思うし、プロでも白バックでもない限りかろうじて許容に入るかな・・・と僕はそのまま使用してきたのだが、1V3の魅力を味わうにつれ、もっとこのカメラを使いたいし、そのためには色被りだけは何とかしたいよと強く感じるようになってきた。
そこで、色被りを補正する手順を作成してみた。


均一な白を撮影する。
すると、左がグリーンで右がマゼンタに被ることがわかる。

_DSC0599.jpg


フォトショップでグリーンのレイヤーを重ね、右端のマゼンタの色被りが補正されるようにする。
(当然左端はグリーンが強くなり過ぎる)

_DSC0599-01.jpg


重ねがグリーンのレイヤーを、グラデーションツールで、画面左側に行くにつれて薄くなるように補正する
グラデーションツールは、グリーンのレイヤー上でいろいろな方向に何度も施してみて、色が可能な限りきれいに補正されるようにする。
白い紙を撮影した場合、色被りが露骨に浮き彫りになるため、さすが完全に補正することはできないが、一般的な被写体の場合は、この程度に補正しておけば、よほどに意地悪い目で見ない限り、人が感じ取ることはできないレベルに抑え込める。
上手い補正が見つかったらレイヤーを統一する

_DSC0599-03.jpg


グリーンのレイヤーを重ねた結果、全体がグリーンに被るのを防ぐためにマゼンタのレイヤーを重ね、色のバランスを整える。
彩度レイヤーを統一する。

②~④の一連の操作をフォトショップのアクションに記憶させ、1クリックで一連の操作を再現できるようにする。
アクションには『1V3色補正』などと名付けておき、1V3で撮影した画像(TIFF)は最初に1つのフォルダーに集め、バッチ処理で機械任せで『1V3色補正』を一括で当てはめる。

1V3の色被りの救いは、いつでも同じように発生すること。従って、補正する仕組みさえ確立しておけば、機械的にある程度抑え込める。
しかしなぁ~、この程度の作業で随分補正できるのだから、ニコンはちゃんと対処しておくべきなんじゃないか?ニコン1シリーズは凄いカメラなのに、ニコンがそのすごさをあまりアピールしようとしていないように僕には思えて仕方がない。僕自身、どうせ大して写らないでしょうという先入観を取り除くのに、かなりの時間がかかった。
因みに1V2にはここまでの色の偏りはないし、中途半端に画素数を増やすよりも、質を上げて欲しかった。
ならば1V2をつかえばいいじゃないか、という意見もあるだろうが、超望遠レンズに取り付けた際のAFの正確さが1V3の方が一段上なのだ。

さて、作成した『1V3色補正』というアクションを、カモの画像に使用してみた。
まずはRAWデータから現像したオリジナルのTIFF画像。
左右で異なる色被りが見られる。
色被りは目立つケースと目立たないケースがあるが、この画像は非常に目立つケース。特に目立つのは白やグレーの無地だが、この画像の背景はグレーの無地に近い。

_DSC0054.jpg

次に、『1V3色補正』を施した画像。左右の色被りがほぼ補正されている。
両端には少し不具合が残るが、両端の不具合はいろいろと試してみたのだがどうもトリミングして切り捨てた方がいい。
(厳密に言うと、ニコン1シリーズでは色被りの他に周辺光量落ちのような濃淡さも生じるので、周辺光量補正も僕のアクションの中には加えてある。つまりセンサーの弱点を補正するあらゆる補正を加える。)

_DSC0054-01.jpg

色被りを取り除いた画像に、仕上げをしてみた。
具体的には、水の部分だけを明るくして、少し彩度を上げる。
カモの顔や胴体の羽毛の部分だけを選択して、ややコントラストを上げる。
それらの処理には、Capture NX 2のカラーコントロールポイント使用した。
一般的な書籍で使用する分には、一眼レフで撮影された画像とほとんど区別ができないだろう。
一方で、この画像は35mm判換算で1600mmくらいに相当し、撮影可能な距離がニコン1を使用することで格段に広くなる。

_DSC0054-02.jpg

Nikon ViewNX-i ・ラベルのトラブル
現行のニコンの画像閲覧ソフトは、ViewNX-i

160106-01.jpg

画像処理ソフトは、Capture NX-D

160106-02.jpg

そして僕の場合、まずはViewNX-iでRAW画像にラベルを付けた上で、Capture NX-DでTIFFに展開することが多い。

ところが先日、ViewNX-iでラベルを付けても、そのラベルが消えてしまう現象が起きた。
Capture NX-Dでも同じラベルを付けることが可能なのでNX-Dを立ち上げてラベルを付けようとすると、ついさっきViewNX-iでは消えてしまったラベルがちゃんとついていることが分かった。
一体何が起きているんだ?

考えられるのは
① カメラの異常
② 使用したPCやそのPCにインストールされたViewNX-iの異常
の二択。
それを確認するために、別のPCにインストールされたViewNX-iで同じ画像を閲覧してみるとやはり同様の現象が起きた。ということは、ソフトの異常ではなく、カメラの異常である可能性が高い。
カメラの異常であることを確認するために別のカメラで撮影した画像にラベルを付けてみたのだが不具合は確認されず、異常の原因は、その日使用したニコン1V3にあることが確認できた。

思い当ることがあった。その1V3は、修理から帰ってきた直後だった。
伝票にファームアップをしたとの記載があったので、一瞬ファームアップが原因か?と疑ったのだが、修理期間中にニコンのプロサービスが貸してくれた代替え機の1V3ではトラブルなしだった。
まさかニコンがファームが古い機体を貸し出すわけなかろうから、ファームが原因ではないだろう。

さて、ようやく原因が分かった。
僕は、RAW画像から作成したTIFF画像をすべて撮影日時にリネームして保存をしているのだが、なんとその日撮影した画像の日時が未来の日時になっており、時刻の設定がくるっていることが分かった。どうもメーカーで修理をしてもらった際に一度設定がすべてリセットされ、その後メーカーの人が日時を合わせる際に間違えてしまったようだ。
正しい時刻に設定をすると問題は解決。
画像に妙なトラブルが発生した時は、時刻設定を確認してみてください。
CaptureNX2 と SILKYPIX Developer Studio Pro 6
_DSC2801.jpg
CaptureNX2
140504125134-D7100.jpg
SILKYPIX Developer Studio Pro 6

 同じ画像(RAWデータ)を違うソフトで処理をした2枚の画像。上がニコンのCaptureNX2による処理で。下がSILKYPIX Developer Studio Pro 6による処理。

 NX2の方が色に濁りがない。したがって、スタジオで撮影した生き物の標本的な写真の処理などには、NX2が適する場合が多い。だが味や色気に欠ける嫌いもある。
 SILKYPIXの方は、どんなに色を操作しても除去できない濁りが入る。それが味になる場合もあれば、嫌味や抜けの悪さにつながる場合もある。
「ライカのレンズで写真を撮ると、ガラスに少し色がついているんじゃないか?と言いたくなるような微妙な濁りが入り、その味わいが何とも言えずいい。」
 と主張する方がおられ、僕も同感なのだが、SILKYPIXの仕上がりは、ちょっとライカっぽいなと思う。

 同じ元画像なのにSILKYPIXの方が、ボケがいい印象を与える。
 フィルムの時代は、カメラは単なる暗室であり、写真のボケ味はレンズによってのみ決まっていたが、デジタルになってからは、カメラに搭載された画像処理ソフトの影響もある。
 一方でNX2は、シャープで力強い画像になる。この特徴も、やはりスタジオで撮影した生き物の標本的な写真の処理に適する。

 SILKYPIXの方がハイライトからシャドーまでが滑らかにつながり、暗部が汚くつぶれにくい。
 この特徴は、風景の撮影に適する。風景の場合、接写や物の撮影と比べて広い範囲を撮影する結果、暗部から明部までより幅広い明暗が画面に含まれることが多く、それらが滑らかにつながることが重要になる。
 NX2では、暗部がストンと落ちる。それが力強さに結び付くこともあれば、汚く感じられることもある。その暗部の落ち方の程度はカメラによっても異なり、D3やD700やD3Xあたりの世代のカメラではより顕著であり少々扱いにくかった。したがって僕はほぼすべての画像をSILKYPIXで処理していたのだが、その後発売されたD800ではかなり扱い易くなり、今年になって購入したD7100、D610では、特段気難しさを感じなくなった。

 僕の場合、風景の写真では、ほぼ100%SILKYPIX。スタジオで撮影した物的な被写体の写真では、主にNX2。
 マクロレンズを使用した小さなものの写真などのケースでは、状況によって両者を選択する。
 マクロレンズで接写をする場合、僕は、近景、中景、遠景が1つの画面の中に存在するように画面構成し、中景の印象で画面をコントロールしようとするのだが、その場合は、中景のボケ味は重要な要素なので、ボケがきれいなSILKYPIXを選びたくなる。
 だが、近景+遠景のシンプルな画面構成の画像の場合は、ボケ味の要素がなくなってしまうのでNX2を選ぶ場合が多い。それから、とにかくシャープに仕上げたい時と色の抜けを重視したい場合にもNX2を選ぶ。

武田晋一のホームページ・水の贈り物・撮影日記より

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

Capture NX 2
12-1104-03s.jpg
PENTAX645N FA645ズーム 45~85mmF4.5
RVPよりスキャン

 フィルムをスキャンする場合、色や明るさによってスキャナーに得意不得意があり、一枚のフィルムの中でも、ここはよく再現できているけど、ここはダメ、といったことが起きる。
 例えば、ある部分だけ暗くなってしまったり、コントラストが下がったり、彩度が落ちたり色が転んでしまったりする。
 これは非常にやっかいで、フォトショップなどの画像処理ソフトは画面全体を調整するのは難しくないが、ある部分だけを扱うのはとても手間がかかる。

 その点、ニコンのキャプチャーNX2のカラーコントロールポイントを使用してみると、絶大な威力を発揮する。今や僕は、このソフトなしでは、スキャン後のフィルムの画像処理などできないとさえ感じる。
 本を出版する際に、過去に何度か出版社を通してスキャンを業者に依頼し、目玉が飛び出るような高価な機械でフィルムをデジタル化したことがあるが、後処理が難しい絵柄のフィルムに関して言えば、NX2を使って自分でスキャンした結果の方が良かった。
 昔、フィルムのデュープを業者に依頼すると、ピントが悪いなど、あまり上手くないとよく言われたものだが、ピント合わせにしても、色の調整にしても、本来はカメラマンが一番経験が多く、よく知っているはずなのだ(もちんん、それが苦手なカメラマンもいるのだが)
 スキャンしたデータ以外でも、デジカメ画像から作成したTIFFやJPGデータの調整にもキャプチャーNX2は威力を発揮する。ニコンユーザーではなくても、このソフトは持っておくべきソフトだと思う。

 僕はスキャンにはニコンのED8000を使用しているが、そうしたニコンのスキャナーを使用すれば保存時にニコンのRAWデータ・NEF形式を選択でき、キャプチャーNX上でRAWデータとして画像を調整することができる。
 そこまで可能なのに、ニコンがスキャナーを切り捨ててしまったのは、実に勿体ないと感じる。
 新しいものは出さなくても、或いは担当が一人だとか、さらにプロサービスのみとか実に細々で構わないから、せめてED8000くらいまではサポートを続けてほしかった。


 

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真