FC2ブログ
水辺の写真家・武田晋一のホームページ 『水の贈り物』 と合わせてご覧ください。
07/11のツイートまとめ
TakedaShinichi

左右に発光部が1つずつ。それぞれの発光部の前にケンコーの影とりを取り付けた状態で光らせます。ストロボはこれ→https://t.co/X3uvRC8Sbj に市販のブラケットや自作のアーム類。Meike MK-MT24は、電池が単四なのでパワーが不足気味。ゴリゴリ撮るには不向きですが、たくさん撮らないなら便利です。 https://t.co/RORWOI4wfZ
07-11 11:15

懐中電灯は夜間のピント合わせ用で、ストロボが光ると同時に消灯してくれる優れもの。ピント合わせ用のライトがついたままだと、写ってしまうのです。
07-11 11:23

より完璧なライティングを目指してもっと凝ることもできるのですが、僕は程々。一番凝るのはハイアマチュアのみなさんで、自然写真で生活をしている職業写真家の場合は、そこまで凝らない傾向があります。理由を一言で言うと、もっと大切なことがあるかな。
07-11 11:26

カメラはキヤノンのEOSM5。これを使う理由は、EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMというレンズの優秀さです。写真は、やっぱりレンズで決まるのかな。特に、近接撮影時の描写が良いのですが、その他の条件下でも、描写にこれと言った欠点がないのが特徴です。そして安い。https://t.co/EqJ67QH5nH
07-11 11:32

レンズには77mmのステップアップリングを取り付けてあるので太く見えますが、実際は小ぶりです。ステップアップリングを取り付けている理由は、ケンコーの影とりをひっかけるため。
07-11 11:34

EOSM5というカメラは、正直に言えば結構ボロなのですが、ギリギリ許せる範囲に作られているのがキヤノンの超絶に上手いところかな。文句を言いつつも、結局使ってしまいます。いろいろな端折りかたが実に見事です。
07-11 11:38

7/11 老化と死の話。ホームページの撮影日記を更新しました→ https://t.co/LzIojFI1nV
07-11 12:40

07/09のツイートまとめ
TakedaShinichi

僕が子供の頃、学校にはたくさんセミの抜け殻がありましたが、武田家は夕食が17:30だったので、夕刻に姿を現すセミの幼虫を見る機会がありませんでした。そんなある日、16時台に姿を現したせっかちなやつを見つけ、誰もいない学校の中庭で「生きたセミの抜け殻を見つけたぞ~」と叫んだものでした。 https://t.co/hRrKJKaihL
07-09 08:06

さて、アゲハチョウの幼虫を探しに行ったら、端境期なのか、見事に一匹も見つけられず。そこで、何か代わりの仕事はないか?と目を凝らしてみると、ちょうどクマゼミの幼虫が木に登っていたので、羽化の様子を明け方まで撮影してみました。
07-09 08:09

千葉産の落花生って、本当に美味しいな。一度食べると、そこらで売られている外国産がつまらなくなります。少々高価なので、何とかならないかと考えた結果、僕はカメラマンなので写真を撮っておけば、いつか売れるんじゃないかと真面目に撮影してみました。せこっ。https://t.co/3ySKid7McL https://t.co/Kam4hfsEvk
07-09 09:20

子供の頃、祖母のうちに行くといつも落花生がありましたが、僕はグリコや森永のお菓子の方が好きでした。大学生になった時に、同じ研究室のY君が、「千葉産はうまけぇのぅ、食うてみぃ。」と広島弁で言われ、食べてみたら本当に美味しくて、以降落花生が好きになりました。
07-09 09:27

僕は極端な病院嫌いですが、近年は、いろいろな病気が治りにくくなり、観念して治療を受けるようになりました。ここのところは、気管支喘息の治療。一昨年の冬から喘息傾向だなと思ってはいたのですが、徐々に悪くなり始め、特に夕刻から咳が出て眠れないなど、日常生活に差し障るようになったのです。 https://t.co/7Xlp3HrS5N
07-09 17:26

きっかけはインフルエンザでした。インフルの症状が抜けても咳だけが微妙に残り、ふとした拍子に咳が出始めると、止まらなくなったのです。多分、インフルエンザの時に痛めた喉の表面が治りきれないのだと思うのですが、他にも若い頃よりも、表皮の傷みが治りにくく、老化なのでしょうね。
07-09 17:36

重大なのは、麺をすする時に湯気が喉に当たると、咳が出始めることです。美味いラーメンが楽しめないのは人生の大きな損失だし、周囲の人から見ると、咳をする人間は気になるだろうなと人の目や耳が気になって・・・
07-09 17:44

07/05のツイートまとめ
TakedaShinichi

卵が産み付けられたみかんの木から、結構移動するんやな。 https://t.co/EVdWmUPlVg
07-05 07:26

仕事でよく求められるミカンの枝の蛹の写真は、ネットをかけそこでしか蛹化できないようにして蛹化させたもの。大抵の場合、放っておくとどこかに移動して蛹になります。ただしある時期から先は、ネットをかけて移動を制限しても、ネット上で蛹化するなど、かたくなに枝から離れたがるようになります。
07-05 07:43

07/03のツイートまとめ
TakedaShinichi

荷物に紛れて一緒に外出する戦術。 https://t.co/Jll7izwE5V
07-03 10:25

07/02のツイートまとめ
TakedaShinichi

新しいレンズを買うために、下取りにだせるものはないか?と探すのですが何もなく、結局、時々眺めて楽しむために所有していた大口径レンズを下取りに。撮影には使ってなかったのに、それなりに寂しいものです。時々、自ら手放しておきながら、同じものを欲しいと眺めてしまうことがあります。
07-02 07:54

そんなことになるのなら、あの時食べた1.5万円のステーキやお鮨を幾つか我慢しておけば、何も手放すことなしに新しいレンズが買えたのにと思ったりもするのですが、一方でどこかで誰かが、節制する人に優れたカメラマンはいないなんてことを書いてたっけ。
07-02 07:59

節制をする人に本当に優れたカメラマンがいないかどうかは僕には分かりませんが、確かに、写真や表現には、「欲望の世界」という側面があります。
07-02 08:04