FC2ブログ
水辺の写真家・武田晋一のホームページ 『水の贈り物』 と合わせてご覧ください。
D700vs.D200(iso200の画質編)
 デジタルカメラの場合、カメラの画質の良し悪しといっても様々な目の付け所があり、一言で、
「こちらのカメラの方がいい。」
 と言い切ることはできない。
 目の付け所が、画像の細密さなのか、ノイズの少なさなのか、色なのか、白飛びのしにくさなのかなどによって時には評価が全く違ってくるのだから、カメラを購入する前に、まず自分はどんな点を重視するのかをよく検討しておくことが大切だと思う。

 僕は先日、今更ながらニコンのD200を手に入れた。目的は、野鳥の撮影だ。
 D200には600mmレンズ。D700に600mmレンズ+1.4倍のテレコンバーターとを取り付けると、ほぼ画角が同じになるので比較をしてみた結果、下手に1.4倍のテレコンバーターを使用するくらいなら、D200を使用した方がいいケースがあると感じたのだ。

 比較の結果を具体的に書くと、
1. 色は好みの問題なので、ノーコメント
2. 細密さに関してはほぼ互角
3. 白飛びのしにくさに関してはD700が上

 特に、
4. ファインダーの見易さとピント合わせに関しては、D700が圧勝。
 僕は、元々フィルムを使用していた頃は、ピント合わせで苦労したことはあまりないのだが、D200で、マニュアルフォーカスで厳密にピントを合わせるのは、ほとんど神業に近いと今回のテストでは感じた。
 ニコンユーザーで、DXフォーマットのカメラを使っている人で、MFでピントが合わないと苦心している人は、D700を試してみる価値は、十分にあると思う。
 
と、ここまではD700に1.4倍のテレコンバーターを取り付けた方がいいと感じていた。

 ところが、
5. 600mmレンズに1.4倍のテレコンバーターを使用すると、周辺光量落ちがとてもひどく、ビネットコントロールでも取り除けないレベルであり、結局画像の周辺をトリミングで捨ててしまいたくなってしまう。
 時々、
「周辺光量落ちは、逆にいい雰囲気を生み出すことがある。」
 と主張する人がおられるが、周辺光量落ちにも、レンズによって心地がいいものと、そうでないものとがあることを忘れてはならない。
 ならば、下手にD700で1.4倍のテレコンバータを使用するくらいなら、AFで十分にピントあわせができる状況に限って、D200(DXフォーマット)を使った方がいい。
 僕は、そんな結論を出したのだ。

_DSC2799.jpg
(D700 iso200 多少拡大可能)
_DSC6279.jpg
(D200 iso200 多少拡大可能)

 さて、今日の画像は、D700とD200のiso200での画像の比較だ。
 ただし、細密さではなく、ノイズの比較。
 すると、D700の方が、随分ノイズが少ない。
 iso200は、実用上、ノイズが気になるような感度ではないし、低感度なら、ノイズはどのカメラでも同じだと僕は思い込んでいたので、この結果にはちょっとばかり驚かされた。
 D700やD3が目指す高画質とは、ノイズが少ないことなのだろう。

 最後に、こうして比較を書いておいてなんだが、これらの違いは微々たるものであり、低感度で使用する場合、今市販されているデジタル一眼レフの画質なら、どのカメラでも実用上は全く問題がないことを付け加えておこうと思う。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

三脚を使いこなす
 もしも三脚を忘れたら、おそらくその日は撮影を中止して帰宅するだろうと思う。僕は、ほぼ100%、三脚を持ち歩く。
 そこまでして三脚を持ち歩く理由はただ1つ。逃げない被写体を撮影する場合、三脚を使用すると、しばしば撮影がずっと簡単になるから。
 動き回る昆虫などの撮影の際には、その三脚を結局一度も使わない日も珍しくはないのだが、それでも、三脚は持っておきたい。僕にとって三脚は、お守りみたいな存在でもある。
 また、気合いを入れて本気で写真を撮るぞ!という決意表明でもある。

 三脚には、自由雲台付きのクランプを1つ取り付けていて、ローアングルの撮影の際や、細い水路の中などにカメラを固定したい場合に使用する。
 例えば、三脚を立てることができないくらい狭い水路の中にカメラを固定したい場合に、三脚を水路の外に立て、脚を1本だけ水路の中に突っ込み、その突っ込んだ脚に、クランプでカメラを固定するなど。

 クランプは、基本的にはスタジオで使用するための道具だが、野外でも大変に便利だ。
 僕はまだ、そうしてクランプを使う人に出会ったことがないのだが、これを使用すると、実に器用に、本来固定できにくい場所にカメラをセットできるのだから、なぜ、みんながこれを使用しないのか、とても不思議に思う。

_DSC9331.jpg
(左 マンフロット #386B ナノクランプ)
(右 マンフロット #035スーパークランプ)

  
_DSC9328.jpg

 ただ、三脚は邪魔にもなるから、なるべく三脚を持っていることが負担にならないように、なるべく持ち歩きやすくするための工夫も肝心。
 僕は三脚には必ず三脚ストラップを取り付けるようにし、ストラップの両端の輪っかのうち、片方を三脚本体の雲台に、他方をクランプに引っかける。
 そして、そのストラップを肩にかけるようにして持ち歩く。
 三脚の脚はジッツオ。クランプを取り付け、それをしっかり締めつけても割れたりしないように、カーボンではなく、金属のものを愛用している。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

ニコンのレンズにオリンパスのカメラ
  11月6日の記事・『NikonD200は、今買ってもいいカメラか?』の際の比較テストは、野鳥の撮影を前提としたものだった。だから、D200には600mmレンズを、D700には600mmレンズ+1.4倍のテレコンバーターを取り付けた。

 すると、思いの他D200が大健闘し、下手に1.4倍のテレコンバーターを取り付けるくらいなら、FXフォーマットのD700よりも、DXフォーマットのD200を使った方がいいのでは?と感じた。
 つまり、テレコンバーターで画像を拡大するよりも、小さなセンサーの中に、それなりの画素数を詰め込んだカメラを使った方がいいのでは?ということだ。

 そして、もしもその考え方が正解なら、2倍のテレコンバーターを使うよりも、オリンパスのEシステムを使った方がいいということになる。
 ニコンのレンズにはアダプターを介してオリンパスのEシリーズが取り付けられるのだから、被写体が遠い場合専用に、そのうちオリンパスのE3を一台手に入れようか・・・

 AFが効かないなどという問題もあるが、遠い場所にいる鳥にカメラを向ける場合は、ほぼ100%図鑑的な写真を撮りたい時だろうから、動きのあるシーンにカメラを向けるわけではないだろうし、ライブビューで画像を拡大してピント合わせをすればいだろう。
 
 キヤノンのレンズに、オリンパスのEシステムって、取り付けられるんだっけ?確か、アダプターが存在せず、取り付けることはできなかったはず。
 するとこの方法は、ほぼ、ニコンユーザーだけの特権ということになる。
 しかも、ニコンユーザーの中でも、絞り環のある古いタイプのレンズを使っている人だ。新しいGタイプのレンズでも、絞りを開けるための工夫をすれば使えないことはないだろうか、ちょっと面倒な感じがする。

_DSC6283.jpg
(NikonD200 70-200mm AE f4 拡大画像・クリックで拡大可)
_DSC2801.jpg
(NikonD700 300mm AE f4 拡大画像・クリックで拡大可)

 それに対して、昨日のD200とD700の比較テストは、D700の方に1.4倍のテレコンバーターを使用するのではなく、D200には70-200ズーム、D700には300ミリと、それぞれのカメラに取り付けたレンズが違う。
 すると、ハイライトの描写という面では、D700の方がしっかりしていて画質がいいような印象を受けた。センサーが大きいのだから、当たり前と言えば当たり前か・・・。

 また、D700の画像の方が多少シャープ(ニコンのAF-S300mmf4はとてもシャープなレンズなので、レンズの差も多少はあるだろう)。ただし、シャープさに関しては、初めてEOS5Dの画像を見た時のような圧倒的な感じはなく、D200がかなり健闘という印象を受けた。
 
 僕は、基本的には35ミリ判フルサイズセンサーの信者だが、それでもやはり適材適所が肝心で、DXフォーマットのカメラや、場合によってはフォーサーズも上手に使った方が良さそうだ。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

デジタルカメラの比較テストとは
_DSC6284.jpg
(NikonD200 70-200mm AE f4)
_DSC2803.jpg
(NikonD700 300mm AE f4)

 プロの写真家と言うと、新しい道具を手にしたら、厳密にテストをした上で仕事に投入する、というイメージを持つ人が多いように思う。
 だが実際には、そのイメージとは裏腹に、意外にみな適当。
 なぜなら、プロの写真家が撮影をした写真を見るのは、大抵は、特に写真に興味がある人ではないのだから。
 たとえば、スポーツ雑誌を買う人の中で、スポーツ写真に興味がある人はごく一部の人だろう。本を買う人の大半は、写真ではなくてスポーツに興味を持っていることだろう。
 だから、写真の細かい描写などはどうでもいいことであり、本の中でスポーツが面白いかどうかが重要なのだ。
 プロがカメラをテストすることの意味は、テストしなければ使えないではなく、むしろ、カメラを試すことが楽しいからという理由の方が大きいのではないだろうか。

 カメラの画質にむしろ非常に厳しいのは、一部のアマチュアの人たちだ。
 アマチュアの場合は、写真を撮影する際に、これと言った目的を持たない人が多い。たとえば、撮影した写真を、どこで、誰に、どんな風に見せるのかが決まっていないことが多い。
 プロなら、自分の写真が掲載される本の大きさや用紙や印刷の質などが、だいたい決まっているので、それ以上に厳密なことを言うのはナンセンスなのだが、アマチュアにはそれがない。
 すると、画像をパソコン上でひたすらに拡大し、細かいところを見て、「このカメラは画質がいい」だとか、「悪い」などと言い始めることになる。
 
 そうしたアマチュアの方々のことを、「重箱の隅をつついている。」、と言って批判するプロは少なくないが、僕は逆に、プロの方が特殊なのだと思う。
 重箱の隅をつつくことに意味があるとは思わないのだが、画質オタクという楽しみ方もある、と思うのである。
 カメラを手にして右側に歩き始めればプロ、左側に歩き始めればアマ、と言うくらいに、プロとアマとは立場は異なり、それを同じ土俵で比較しようとすることが、最初からナンセンスであるように思う。
 道具は、自分の使い方をよく踏まえた上でテストすることが大切なのだと思う。

  さて、先日に引き続き、ニコンのD200とD700を比較テストしてみた。まずは、色のテストだ。
 D200の方は、カラーモードの3を選択。
 僕は以前ニコンD70を使用していたが、その際にはカラーモード3aを気に入っていたし、D200ではそれに近いカラーモード3を選んでみた。
 D700の方は、D2Xモード3を選択。
 ニコンの最近の機種では、色の選択はピクチャーコントロールというシステムに変更されてしまい、カラーモード3は選択できなくなった。
 ところが、僕は新しくなったピクチャーコントロールの発色がどうしても好きになれないので、D3やD700などのカメラでは、ニコンのホームページからD2Xモード3をダウンロードして使用している。 
 だから、今回の比較の際にも、そうして自分が使用する予定のモードを選んだ。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

NikonD700vs.EOS5D(70-200編)/拡大画像版
D700-u1.jpg
(NikonD700)
EOS5D-u1.jpg
(EOS5D)


 前回掲載した『NikonD700vs.EOS5D』の画像の部分を切り出したものを載せておこうと思う。
 NikonD700とEOS5Dの画像を拡大して比較をすると、前回も書いたように、細密なのはEOS5D。
 だから、低感度での画質が優れたカメラが欲しい人はEOS5D。高感度の画質が優れたカメラが欲しい人はD700という選択がいいだろうと思う。
 
 噂されているD3X(D3の画素数を増やしたカメラ)やD700X(D700の画素数を増やしたカメラ)は、一体どのようなカメラになるのだろう?
 個人的には、今度は、高感度よりも低感度の画質が優れたカメラであって欲しい。高画素にするのなら、細密さにこだわって欲しいし、中途半端なカメラにしてほしくないなぁ。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

NikonD700vs.EOS5D(70-200編)
 同じ35ミリ判フルサイズセンサーのカメラでも、ニコンとキヤノンとでは、テストをしてみると、随分考え方が違うなぁと思う。
 ニコンの場合、FXフォーマットにすることによって、高感度の画質を良くしているように感じられる。そして、高感度以外の画質に関しては、FXフォーマットのカメラと言えども、DXフォーマットのカメラと大差はないように思う。
 だから、ニコンのFXフォーマットのカメラを使うのなら、高感度でしか撮れないシーンに積極的にカメラを向け、高感度をバンバン使うのが正しい使い方だと言える。
 それに対してキヤノンの35ミリ判フルサイズセンサーの絵は、大変に細密。APS-Cのカメラとは切れ味が一段違い、フィルムで言うなら、まるで大きなフィルムを使った時のような感触が得られる。 
 僕なら、風景の撮影にEOS、スナップ的な写真や報道的な写真や取材ならD700を使いたい。
 
 さて、70-200ズームを使用して、EOS5DとD700とを比較してみた。
 感度はいずれもISO200だから、EOSが得意とする状況。レンズは、キヤノンの方が70-200f4、ニコンンの方はVR70-200f2.8だから明るさが違うが、そこそこ絞って撮影しているので、レンズによる画質の差は、あまりないだろう。

D700.jpg
(NikonD700)
EOS5D.jpg
(EOS5D)

 ぱっと見シャープなのはD700の方だが、モニター上で部分を拡大するとシャープなのはEOS5D。D700の方が線が太い描写で、EOS5Dの方が繊細な描写ということになるのだろう。
 細密さでは、EOSが上。
 
UP-EOS5D.jpg

 だが、写真の画質の良し悪しを、一概に言うことは大変に難しい。なぜなら、画質の良し悪しは細密さだけではないから。
 例えば、色かぶりの有無もあれば、ハイライトの部分の粘り具合などもある。
 今回のテストに関して言えば、EOSの画像の方が全体に赤っぽいのだが、にも関わらず、白い手すりの部分に落ちた影の発色はEOSの方が青く、画面全体の赤みを色温度の調整などで取ろうとすると、手すりが不自然なまでに青くなってしまう。
 EOSの場合、僕のカメラの設定では、木の幹やコンクリートなどが随分赤っぽくなる傾向がある。

 今回の画像のうちの、どちらか一方を何かの仕事に使用するのなら、僕ならニコンの方を使いたくなる。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

連載のお知らせ
 _DSC2797.jpg
(画像は見本であり、以前の掲載分です)

 4人の自然写真家(武田晋一・伊藤健次・田中達也・吉野雄輔)によるサンケイ・エクスプレスでの連載ですが、次回は11月8日(土)が僕の順番です。新聞の一面いっぱいに、写真と文章が掲載されます。
 新聞が販売されるのは、首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川)と京阪神地区、奈良、和歌山市のみですが、特に関西地区では駅での一部売り・70円もあるようなので、是非ご覧ください。
 4月1日から、首都圏でもサンケイ・エクスプレスの駅売りが始まりました。一部100円です。銀座線を除く東京メトロ、都営地下鉄の全売店と、JRの主な売店、東武、西部の売店のほか、東急の一部売店で購入可能です。

テーマ:写真家の仕事 - ジャンル:写真

続・NikonD200は、今買ってもいいカメラか?
 昨日の画像の部分UPを載せておこうと思う。
 微妙な差ではあるが、ぱっと見は、D700の画像がシャープ。だが、目を凝らしてよく見ると、D200の方が細かいところまで写っている感じ。
 いずれも、ISO200で撮影。今回はD200のISO200しかテストしなかったのだが、高感度の場合は、試すまでもなく、D700が圧勝だろう。
 ISO200でのD200の健闘ぶりをみると、低感度しか使わない人の場合、古いモデルでも画質的には十分。僕はテスト撮影をして、D200が欲しくなってしまった。  

D200-1-U.jpg
(NikonD200 600mm)
D700-1-U.jpg
(NikonD700 600mm+1.4テレコン)

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

NikonD200は、今買ってもいいカメラか?
D200-1-L.jpg
(D200 600mm)
D700-1-L.jpg
(D700 600mm 1.4テレコン)

 「野鳥撮影用にDXフォーマットのカメラが欲しい」
 と以前書いたことがあるが、具体的には、D300、D90、D2X(中古)、D200(中古)などが候補になる。そしてつい先日、その中のD200をテストする機会に恵まれたので、D700と比較をしてみることにした。
 レンズはいずれも600mm。
 D700の方には、1.4倍のテレコンバーターを使用した。

 いずれもRAWデータをキャプチャーNX2で現像し、ピクチャーコントロールについては、その際にD2Xmode3を選んだ。
 すると色については、両者ともに似た傾向になり、どちらがいいとか、好みに合うなどととやかく言うような差はない。
 またシャープさに関しては、画像の倍率を低くし全体を見た場合はD700がシャープだが、部分の拡大をするとD200の方がシャープで、これには、多少驚かされた。
 D200は悪くないなぁ~。ニコンのカメラは新型が出ても古くならない、と言うか、新型が出た際に、古い型の良さを改めて感じることが多い。
 上に上げた4つのカメラの中で、僕が一番欲しいのはD2Xで、次がD200。
 D3を購入する際にD2Xを手放すべきではなかった・・・。誰かD2XかD200を恵んでくれないかなぁ~

 D200のひっかかる点は、バッテリーの持ちが悪いこと。
 D2Xは、AFに多少問題あり。AFが背景に抜けやすいのと、フォーカスポイントが分散し過ぎていて、野鳥の撮影の場合は、肝心な場所にフォーカスポイントがないケースが多い。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

Nikon Digitalで迫る ネイチャーフォト入門
st00001z.jpg

 Nikon Digitalで迫る ネイチャーフォト入門という本が発売された。
 僕が担当をしたのは、この中の野鳥撮影のページの中の水辺の鳥の部分。陸の鳥は、野鳥写真の世界ではアマチュアNO1の中田一真さんが担当をした。

 一般の人はあまり意識していないだろうと思うが、プロの自然写真家の場合、自然の専門家として飯を食っている人と、写真の専門家として飯を食っている人がいて、僕は典型的な前者だ。
 だから、日ごろ仕事をする際には、写真関係の本というのは、ほとんど念頭に置いていなかったのだが、今回この本の仕事をしてみて、写真関係の本も面白い!と感じた。
 食わず嫌いはいけませんね・・・。
 なぜ、今まで写真関係の本を仕事のターゲットから外してきたのかについては、ホームページの日記の方にいずれ書いてみようと思う。
 

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真