FC2ブログ
水辺の写真家・武田晋一のホームページ 『水の贈り物』 と合わせてご覧ください。
EF20mm F2.8 USM

EF20mm F2.8 USM(改)

 やっぱり単焦点レンズはいい!と打ちのめされた。
 キヤノンのEF20mm F2.8 USMって、こんなにいいレンズだったの!
 レンズがいいと言ってもいろいろな視点があり、周辺光量、歪曲収差、色、ボケなど人によってこだわりどころは異なるが、このレンズの場合は、明から暗部までのなめらかな変化、諧調が素晴らしい。

 例えば、ピンポン玉にカメラを向ける。
 すると、ピンポン玉は本来均一な白色だが、光の位置によって、白は白でも特に明るい部分と暗い部分とが生まれる。
 さらに、明部から暗部にかけては、少しずつ明るさが変化し、グラデーションができる。 
 EF20mm F2.8 USMは、そのグラデーションがとてもよく再現できるレンズだと思ってもらえればいい。
 だから、立体感がいい。特に、明暗のグラデーションができやすい、曲線で構成された被写体にはこのレンズのような描写がいい。

 諧調よりも解像を優先したレンズを使うと、ピンポン玉のような被写体の場合は、明部はより明るく、暗部はより暗く、つまり白黒をはっきりさせたツートンカラーに近く写る。
 その結果、明と暗の間が出にくく、一見シャープだけど、立体感に乏しい画像になりがちだ。
 
 実は、このレンズは随分以前から持っていたのだが、使ったことがなかった。
 理由は、荷物を減らすためにEF17-40mm F4L USMを使っていること。そして、これが僕にとって重要だったのだが、最短撮影距離が25セントと、小さな生き物の撮影には長過ぎたから。
 だが最短撮影距離の問題は、およそ20センチの距離にまで近づけるようにする改造によって解決した。
 そこで、接写可能な広角レンズとして、いつもカメラバッグに入れておくようになった。

 今日の画像は、そのEF20mm F2.8 USMで、絞り開放付近を使って撮影したものだが、独特の柔らかい雰囲気がある。
 周辺光量落ちは少々目立つが、落ち方は不愉快な感じではないし、とにかくムードがある。
 この釣り糸と木の棒を何に使ったかについては、今日の記事とはまったく何も関係がないが、詳しくは、ホームページの撮影日記をの方を見て欲しい。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真