FC2ブログ
水辺の写真家・武田晋一のホームページ 『水の贈り物』 と合わせてご覧ください。
NikonD7000 第一印象編
DSC_8080.jpg
NikonD7000 AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR NX2

 D1桁シリーズの最高級機はもちろんイイけど、最高級機にはない親しみやすさがあり、どこにでも持って行きたくなるような類の写欲を掻き立てるカメラ。昔、FE2なんかを初めて手にしたときの感激に近い。「これはいいカメラだ!」というのが第一印象。

 次に実際に写真を撮ってみても、その印象に全く変わりなし。基本になる操作箇所は、どこを操作してもイライラさせられる感じはない。
 ライブビューも、D700と比べると軽快でバタバタする感じが少ないし、これなら使ってみようかという気がする。が、そう思うと今度は、EOS60Dのように可動式の液晶だったらなお良かったのにと思う。
 
 画質の第一印象は、力強いなぁという印象。線が太いと感じる方もおられるだろう。ニコンの画像処理はだいたい線が太く、D700の線の太さなどはあまり好きになれないのだが、D7000のそれは、悪い感じではなく、力強いという言葉を使いたくなる。
 まぎれもなくニコン的な画質だが、確かに進化しており、D700の後継などが楽しみになってきた。

 ニコンのカメラに共通の特徴で、このカメラも暗部がつぶれやすいというか、暗部がきつめに締められている。今回の画像では幹の部分が黒くつぶれているが、EOSならここらあたりはちゃんと描写されるだろう。したがって、あとでじっくり画像処理をして明暗やコントラストを調整するには不向きな画質であり、撮ってだしに近い形で画像を使う人向けのカメラだと思う。
 ただし、これは表面的な画像処理の問題に過ぎず、決定的な問題ではない。シルキーピクスで同じRAWデータを開いてみると、NX2では黒くつぶれてしまう幹の部分もちゃんと描写され、じっくり後処理をするのに向いた諧調豊かなデータが得られる。
 
 

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

カメラの形の話 (NikonD3X編) 
R5200406.jpg
【左】 D3X 【右】 D700+MB-D10

高さは、D3Xの方が低く、幅は、D700+MB-D10の方が狭い。
まず横位置に構えてみると、僕の場合、D700+MB-D10の方が幅が狭い分、構えやすい。
縦位置が嫌いで滅多に縦位置を撮らない僕だが、稀に縦位置に構えた時も、D700+MB-D10の方の方がバランスがいい。
文字通り、取って付けたような MB-D10 だが、D700+MB-D10を構えた時にいつも思う。バッテリーパックの後付けが意外にイイ。

特に僕のように小さな生き物を主に撮影するものの場合、例えば地面の上のカエルを撮影する際に目線をほんの少しでも低くしたいがゆえに、カメラを地面に押し付けてたり、時には地面を少し掘ったりもするのだが、D3Xのような形状のカメラでは、バッテリーパックが邪魔をして目線を下げにくい。
また、山に登るような時には、少しでも荷物を軽くしたいし、そんな時にバッテリーパックが取り外せればなと思うことがよくある。

ちょっと前に読んだ、某誌のカメラに関する対談が面白かった。
同じセンサーを乗せているとされるD3とD700。値段の差はボディーにかかるコストの差になるわけだが、D3XのセンサーをD700のボディに積んだカメラの価格をそこから導き出すと、相当に高額なカメラになる。
そんな高価なカメラをあなたなら買いますか?とニコンの人から質問されたので、自分なら買わないと答えた話だった。
確かに、D700のボディで40万円を超えるようなカメラには違和感がある。
ということは、D3Xを小型にしたものは発売されないのだろうか。
それならますます、D3XはF6のようなカメラにして欲しかった。
第一、フィルムの最高級機F6があの形状なのに、D3Xはなぜバッテリーパック一体型になったのだろう。
あの形にしなければならない、という固定観念?
そんなはずはないか。
D3と部品を共通にして、コストダウンするため?
ともあれ、無駄に大きくないというのも、カメラの非常に大切な性能の1つだと思うわけです。


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

・ 北長門海岸国定公園
山口県の風景

st13337n.jpg
NikonD3X AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED SILKYPIX
山口県萩市

須佐~仙崎あたりの海沿いの道(国道191号線)を車で走ると、海の中に浮かぶ小さな島や岩場が美しい。
ところどころに車を止めることができる駐車スペースがある。
写真は11月上旬の正午頃で、太陽はカメラの真後ろよりもやや左。
海に向かってカメラを構えると太陽が高い時間帯はほぼ順光になるので、写真は撮りやすいだろう。
空が大きく入る構図になるので、写真を撮るのなら、青空か、雲に表情がある日を選びたい。
海の幸が美味しい。

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真