FC2ブログ
水辺の写真家・武田晋一のホームページ 『水の贈り物』 と合わせてご覧ください。
ハイライトの話  APO-MACRO-ELMARIT-R 100mm F2.8
st14344n.jpg
NikonD700 LEICA APO-MACRO-ELMARIT-R 100mm F2.8

 AEになっているつもりがM露出になっていて、極端な露出オーバーの写真が撮れてしまったのだが、パソコンの画面で見てみると、オーバーなりにとてもよく粘っていることに驚かされた。
 ライカのAPO-MACRO-ELMARIT-R 100mm F2.8のボケが秀逸であることは前回の記事にも書いた。そのボケの良さはどこから来るのだろう?と興味を感じていたのだが、ハイライトの粘りからくる、輪郭の美しさではなかろうか?

st14355n.jpg
NikonD700 LEICA APO-MACRO-ELMARIT-R 100mm F2.8

 それを裏付けるかのように、比較的強い光が射している状況や、ハイキーな写真を撮ると、このレンズの良さが際立つ。

st14367n.jpg
NikonD700 LEICA APO-MACRO-ELMARIT-R 100mm F2.8

 逆光の光を使って被写体の輪郭を浮かび上がらせた際にも、輪郭の切れが凄い!
 逆に、平坦な光では、案外鈍い描写をするから、特定の状況に特化して使用するべきレンズではなかろうか。つまり、使いこなしがあるということ。
 先日、D3Xとの組み合わせで試してみたら、D700との組み合わせよりもさらに一段凄くて痺れてしまった。
 ともあれ、惚れました。
 こうなると、今度はAPOの180ミリが欲しくなってきた。ライカのレンズには、どうもそんな副作用もあるみたいなので、買ってみようかなと思った人は、ご注意を。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真