FC2ブログ
水辺の写真家・武田晋一のホームページ 『水の贈り物』 と合わせてご覧ください。
ベンチマークテストなんて、クソ喰らえ!
_DSC7545.jpg
NikonD3X AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) SILKYPIX

 大きくて重たくて、画面周辺部の画質に弱点があるという理由で、あまり使わなくなっていてニコンの AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) を先日久しぶりに使ってみたら、1ランク上の描写に思わずニヤリとしてしまった。
 レンズの画質には、『よく解像するかどうか』 とか 『歪まないかどうか』 とか 『周辺光量が豊富かどうか』 など言ったベンチマークテストで評価し得る項目とは別に、『画質にオーラがあるかどうか』としか言いようがない何かがあり、このレンズの絵にはオーラがある。
 何なんでしょうね?レンズが醸し出すそうした雰囲気というやつは。
 デジタル化以降、画像処理で何でもできるという方もおられるが、そのオーラの部分に関しては、画像処理ではなかなか演出することができない。だから、画像処理で何でもできるというのは、そこまで求めない人には正しいし、そこまで求める人には間違えていると言える。
 逆に言えば、その一言で、相手がどこまで求めているのかが分かる。
 
 僕は、ベンチマークテストをあまり信じてない。
 例えば、仮に周辺光量が不足しても、その落ち方がきれいであれば、大半のシーンで全く何の問題もないし、レンズの歪みも同様。心地よい歪みと不愉快な歪みとがある。
 また解像力だって、近距離でよく写るレンズは遠景があまりよくないし、遠景がよく写るレンズは近くがあまり良くないのであり、結局、自分の目的に叶うかどうかだけが大切なのだ。
 そしてそれは、使ってみなければ分からないのである。
 最近、WEB上で閲覧できるベンチマークテストの結果を、あたかも自分で感じたことであるかのように語る、知ったかぶりの人があまりに多いように思う。

 さて、AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)の周辺光量の落ち方は、正直に言えば心地よくない。
 そして現在は、そうした画質の面での弱点が改善されたⅡ型が発売されている。
 ところがⅡ型では、最大撮影倍率が下がってしまい、小さな生き物の撮影には、あまり適さなくなってしまった。だから、Ⅱ型の登場を待ち望んでいた僕だが、Ⅱ型の購入を見送った。
 このレンズを使用する場合は、周辺光量落ちが気にならないシーンを選ぶこと。空に、特に快晴の青空にこのレンズを向けるのは、ちょい厳しい。