FC2ブログ
水辺の写真家・武田晋一のホームページ 『水の贈り物』 と合わせてご覧ください。
ニコン1で汎用ストロボを使う
_MG_7058.jpg

 左の「送信機」をカメラのストロボを取り付ける位置にセットしてシャッターを押すと、右の「受信機」付きのストロボがワイヤレスで光る。
 ストロボをカメラに直接取り付けて使うと不自然になるが、こうしてストロボをカメラから離してより理想に近い位置に置くことで、自然な光を得ることができる。

_MG_7054.jpg

 また、送信機なしで、他のストロボの光を利用して、ストロボを光らせることができるスレーブと呼ばれる部品がある。

_MG_7056.jpg

ストロボにスレーブを取り付けておき、他のストロボを光らせると、スレーブがその光を感知して、ストロボが光る。
 上の画像のストロボはカメラに取り付けられていないにも関わらず光っているが、これは、僕が別のストロボを光らせ、スレーブがそれに反応したからだ。
 この場合、他のストロボが送信機で、スレーブが受信機だと理解しておけばいいだろう。
 ただし、明るい場所では使いにくい。
 他のストロボを光らせても、周囲が明るいとスレーブがそれを検知してくれないのだ。
 したがって、室内ではとても便利だが、昼間の屋外では役に立たない場合もあり、信頼できない。

_MG_7061.jpg

 では、これは可能なのだろうか?
 まずはストロボを送信機付きのスレーブに向かって光らせる。
 するとスレーブがその光を感知して送信機のスイッチが入り、その信号が受信機付きのストロボに伝わりストロボが光る。

 ニコン1というシステムを色々と試しており、小さな生き物の撮影に可能性を感じるのだが、唯一、ストロボシステムが非常に特殊で汎用性がないという問題があり、ストロボを自在に使いこなすことが不可欠な微小な生き物の撮影では、それが致命的な欠点であるように思える。
 そこで、ニコン1の内蔵ストロボの前に、上の画像左の送信機付きのスレーブを固定し、画像右のストロボを光らせることが出来れば、と考えたのだ。
 スレーブは、上にも書いた通り、明るい場所では反応が不安定になる問題があるが、さすがに内蔵ストロボの真ん前に置けば、周囲が明るくても光らないことはないだろうと思う。

 そこで、うちにあるこのタイプの道具をすべて試したのだが、このやり方ではストロボを発光させることはできなかった。
 何でだろう?
 因みに、スレーブとストロボの間を、コードでつなげば問題なくストロボは光るので、当面は、ニコン1の内蔵ストロボの前にスレーブを固定しておき、スレーブとストロボをコードで接続して使うことになりそうだ。
 

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

Nikon1V2
140213081437-V2.jpg

 Nikon1V2という小型のレンズ交換式カメラで撮影。このシリーズは、コンパクトカメラをレンズ交換式にしたものと考えるといいだろう。
 驚いたことに、テントウムシサイズの小さなものを撮影することに関しては、一眼レフよりもトータルとしての画質は上。
 ただし一眼を超える画質を引き出すためには、使いこなしがある。コンパクトカメラは光のコンディションが悪いと急激に画質が悪くなるので、必ずストロボを使って光をいい条件に整えることだ。

 ところがこのカメラ、ストロボの規格がとても特殊で、しかも品揃えが薄く、アクセサリー類も存在せず、どうにもならない。
 何か物を自作して市販の普通の規格のストロボを使用できるように工夫をしたいと思うのだが、時間かけて満足できるやり方が確立できたころには、一般的なストロボの規格に変更されたNikon1V3という新型がでてくるような気がしてならない。
 最低でも、一般的なストロボをコードで接続するための接点であるシンクロターミナルをつけて欲しかった。あるいは有料でいいので、シンクロターミナルを取り付けるサービスを準備して欲しかった。
 スタジオの場合は、内蔵ストロボに同調させるやり方で、他のストロボを光らせることができる。
 野外では、周囲が明るいとそれが上手く作動しないことがある。

 専用のレンズの他に、アダプターを介してニコンの一眼レフ用のレンズを取り付けることができるので、 今回はAF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED を取り付けた。
 その場合、オートフォーカスは作動するが中央一点のみになり、暗い場所では迷う傾向がある。
 それから、僕はニコンの一眼レフに採用されている画像処理があまり好きではないので、普段はシルキーピクスを使っているのだが、Nikon1系にはニコンの画像処理が合うように感じる。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真