FC2ブログ
水辺の写真家・武田晋一のホームページ 『水の贈り物』 と合わせてご覧ください。
07/30のツイートまとめ
TakedaShinichi

いろいろな人の影響を受けるけど、写真の作品作りをする上でと限定した上で「一番影響を受けた人は?」と聞かれたら、僕は、亡くなられたADAの天野尚さんかなと思う。天野さんは水草水槽のクリエイターであると同時に写真家でもあったけど、僕が影響されたのは水草水槽の方。
07-30 07:30

人の写真を見る時は影響を受けてステレオタイプみたいになってしまわないように警戒するけど、水槽はその恐れがないので、とことんまで存分にのめり込むことができた部分もあると思う。
07-30 07:30

今は、水草水槽は一本もないけど、理由は、面白すぎて、写真に悪いから。撮影に手が付かず、破滅しそうな気がしたから。
07-30 07:30

当時購入した水槽用品は、仕事で水槽を使った撮影をするのに今でも活躍中で、特にエーハイムのフィルターは重宝。なかなか壊れないし、外観は変わってもパーツを簡単にモデルチェンジしないから、壊れても大昔の製品のパーツが簡単に手に入る。日本のメーカーに何で同じことがでできないのかな?と思う
07-30 07:39

07/29のツイートまとめ
TakedaShinichi

スタジオでアマガエルの糞を撮影しようとしたら、前日別の撮影で使用した艶を出すライトの電源が思いがけず入ったままになっていて、妙に色っぽい糞の写真に思わず苦笑い。写真の光って面白いですね。 https://t.co/hUXsZgMt7j
07-29 09:59

僕は、この問題の本質は、魚の放流=いいことという空気を作ってしまうことだと思う。
07-29 10:28

金魚に限定して言えば、僕は金魚は随分扱ったことがあるけど、自然に対して与えるインパクトはまずないか可能性は極めて低いと思う。鎌倉時代?から、これだけ長い期間人に飼われ、それでも定着していないのだから。それででも、放流=いいことという風潮を作ってしまうから、金魚を川に放つのはダメ。
07-29 10:33

金魚の放流の際に飼育水が川に入ってしまい、それで何が起きるか分からないからダメという意見は、通用しないだろうと思う。そもそも金魚の養魚場の水も垂れ流しになっているのだから。
07-29 10:35

アポロ飛行士に高い循環器系疾患死亡率、放射線が原因か 研究(AFP=時事) - Yahoo!ニュース https://t.co/fB6t0DKWeV #Yahooニュース
07-29 21:59

07/28のツイートまとめ
TakedaShinichi

シバをうちの中で飼おうと思うのなら、その犬の性格次第でこれくらいのことが起きる覚悟は必要。子犬の時にやらかして一度怒られたら2度とやらなくなる犬もいれば、うちの犬のように5歳近くになってもまだやる犬も。 https://t.co/eIm4gspS1n
07-28 07:50

家の中は時に無茶苦茶になりますが、犬の魅力は、家の中で飼わなければ半分も味わえないかも。生き物の研究者が研究対象である生き物を観察すると言っても、犬好きが犬を見る時ほど年中四六時中見ている例はほとんどないでしょうし、犬を室内で飼うのはそのレベルの密な生き物の観察でもあるのです。
07-28 13:16

福岡で珍クワガタ発見 突然変異「雌雄モザイク」(西日本新聞) - Yahoo!ニュース https://t.co/gwEUsuhnji #Yahooニュース
07-28 13:19

大学時代に実験材料として飼育されていたアカイエカの中に、半身雄、半身雌のものが生まれ、それを先輩が学会の前夜祭で「おかまの蚊が出ました。」と方向をしたところ、「君、おかまの定義が間違えているんじゃないか!」と指摘されました。
07-28 13:21

その翌年には、今度は僕が飼育していたアカイエカの中に、今度は上半身がメス、下半身がオスの蚊が生まれました。
07-28 13:24

何千匹と飼育されている蚊の中から、なぜそんな個体に気付くか?と言えば、実験用の蚊は蛹の段階で大きさによって雄と雌との分けるのですが、それらの蚊の蛹はオスでもメスでもない中途半端なサイズになるので案外気付きやすいのです。
07-28 13:26

実験用の蚊の雄雌を蛹の段階で分ける理由は、蚊は交尾をすると行動パターンが変わるから。研究者って疑り深いなぁと思わず苦笑いしてしまったのは、そうして蛹の段階で雄雌を分けているのに、「実験に使ったメスの蚊をさらに解剖をして、体内に精子がないことを確認することでした。
07-28 13:30

07/26のツイートまとめ
TakedaShinichi

尾の自切を撮影しようと思ったら、尾の先端をつかみ過ぎて先っちょがほんの少しだけ切れたつまらない絵に。あっ、そうやった。こ奴らは、西に住むものと東に住むものとが別種の扱いになったんやった。ということで、区別のポイントをついでに撮影。 https://t.co/jVoyS25t29
07-26 07:58

一昨日の夜~昨日の明け方まで粘ったある生き物の脱皮は、結局、昨日の午後に。これは僕の見立て違いではなく、モデルはすぐにでも脱皮したいのですが、撮影に適した向きになるよう触られたりなどするのが嫌で、時間が後ろにずれこんだ結果。そこに、ただ観察するのではない撮影の難しさがあります。
07-26 08:09

人に触られることなどを嫌って脱皮の時間が後ろにずれ込む場合、多くの生き物には脱皮をする時間帯があり、その時刻を過ぎると、しばしば脱皮はポンと翌日のその時間帯に飛んでしまいます。
07-26 08:12

07/25のツイートまとめ
TakedaShinichi

明け方までスタジオ。結局、現象が見れず疲れだけが残り、今日の仕事に響く結果に。もうちょっとで撮影できるのでは?とか、今やめたら苦労が無駄に、なんて思うのですが、これって詐欺にひっかかるパターンですね。ある先輩から「予測を立てて時間を決めて待つよ」と教わったことを思い出しました。
07-25 11:05

恐竜はいつの時代にも人気だけど、僕が子供の頃は、恐竜探険隊ボーンフリーなんていう子供向けのテレビ番組があったし、中でも熱いブームだったんじゃないかな?だから、かもしれないが、こ奴らにカメラを向けるとついつい恐竜に思いを馳せてしまう。 https://t.co/wTZoLm42N7
07-25 13:38

恐竜探険隊ボーンフリーは確か不人気で、クラスで楽しみにしているのは僕だけで、人に言えずこっそり見てました。
07-25 13:39

恐竜とあと1つブームだったのが、スーパーカー。こちらも未だに特別な思いがあり、ランボルギーニやボルシェを見かけると、後ろについて走りたくなる。実は僕のカメラへの憧れの最初のきっかけは「スーパーカーをかっこよく撮りたい」だった。
07-25 13:45

写真が趣味だった父がポジフィルムで撮影したスーパーカーショーの写真は、とてもカッコ良かった。残念だったのは、父が撮影してきたすべての写真で、車に被ってニッコリ笑った弟が写っていたこと。自分のカメラで、自分が思うように写真を撮りたいと思った初めての出来事。
07-25 13:47

07/24のツイートまとめ
TakedaShinichi

カブトエビのアジアとアメリカを区別したことはなかったけど、数年前、これはどっち?と聞かれ、次回撮影からは同定することに。そして今年調べたら、うちの近所はすべてアジア。アメリカが見れないので、アメリカが生まれるキットを買ってみました。 https://t.co/nlgHvyG2Nw
07-24 18:27

試しに買ってみたのはhttps://t.co/XZbHoJUtM9
07-24 18:30

因みに、キットは発生しない場合も多々あるようなので2つ購入して最初の試みは2つともダメ。それで、追加で卵のみを安く購入できる券で購入したら、2匹誕生し、一匹大人になりました。大人になったアメリカと比較をしてみたら、うちの近辺で見られるカブトエビは、やはりすべてアジアでした。
07-24 18:36

アメリカは1匹しか見てないので個体差による偶然の可能性も大いにあるけど、アメリカの方が活発。狂ったように泳ぎまわったり、ホウネンエビのように裏返しになって泳ぐ時間がより長く、なかなかじっとしないので撮影は難しい。
07-24 18:42

孵化をすると、恐ろしい勢いで大きくなります。そしてアメリカカブトエビは、雌雄同体だとか、日本で見られるものはメスだけで増えるなどと聞いたことがありますが、卵を持ちました。 https://t.co/yWtD7s8v6B
07-24 18:46

アメリカとアジアの区別は、口のあたりを見る正式なチェックポイントがあるのですが、生きたままや現場では見づらく、現実的には群馬県立自然史博物館のhttps://t.co/PXhSVoZMSmが分かりやすいと思います。PDFです。
07-24 18:59

07/23のツイートまとめ
TakedaShinichi

カメ三種盛りを狙うも、かなわず。スッポンは警戒心が強く、車中から撮影しても、まるで人間を他の生物とは区別して知っているかのように、なんか怪しいなぁ~という顔で移動してしまうことが多い。スッポン退去後には、クサガメがやってきた。 https://t.co/bF3zzLQiX6
07-23 10:03

07/21のツイートまとめ
TakedaShinichi

パイプの中から出てきたトカゲが、まずチラッと僕を見て、また引っ込む。しばらくするとまた出てきて、また引っ込む。虫なら、じっとしていればまず警戒されることはないが、トカゲくらいになると、「心」のような何かを持っているような感じがする。 https://t.co/8R0spWoYUB
07-21 07:34

はじめに絵コンテがあって、こんな写真を撮ってと要求されると、だいたい一枚撮影するのに3日かかります。一日目はどうしたらそれが撮影できるか検討する時間、二日目は機材やその他の準備、三日目は撮影です。上手く撮影できないと、そこからまた3日。
07-21 08:24

なので、2回くらい失敗すると、10日くらい何か1つのことにかかりっきりで、その他のことが疎かになっている状態になります。今日は、苦しみぬいていた撮影が昨晩ようやく終わったこともあり、諸々の後片付け。夜は、シロマダラ探しに出かけますが、憂いを片づけた後なので、楽しいやろうなぁ。
07-21 08:33

07/20のツイートまとめ
TakedaShinichi

パイプの中に産み付けられたヤモリの卵。出版業界では「両生・爬虫」とまとめて取り扱われる場合も多々ありますが、両者はかなり違う生き物だなぁと感じる部分の1つが卵です。懐中電灯で照らした感じを出すのが結構難しかった。 https://t.co/yupHzsU2Ys
07-20 15:54

今日は久しぶりにD800を使用。3600万画素あればクロップをしてもそこそこ画素数が残るので、一台でFX機とDX機としても使えるのが魅力。夏は暑くて体力を消耗するから、FX機とDX機を両方持ちたくないという理由。そういう意味では、もっと軽い3600万画素機が欲しい。
07-20 16:02

07/19のツイートまとめ
TakedaShinichi

さぁ、撮影しようかとカメラを構えてみると、さっきまではなかった物体が殻の上に。ゴミか?と取り除こうとしたら、ヌマガエルの子供。お前というやつは!ならばと、バッタ、クモと他にも殻の上にいた生き物たちを撮影してかえることにしました。 https://t.co/fuFoayqvFE
07-19 07:48

07/17のツイートまとめ
TakedaShinichi

ため池王国、老朽化深刻 水あふれ作物被害、避難勧告も(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース https://t.co/ylEvE6Ugan #Yahooニュース
07-17 16:55

07/16のツイートまとめ
TakedaShinichi

もっと密度が高かったらなぁと思っていたら、ミジンコが一ヶ所に終結。メダカの接近。ミジンコなりに怖いんですね。「それは反応であり、人が怖いと感じる感情とは別もん」と言われればそんな気もするけど、案外そんなに違わないような気も。 https://t.co/DpBtAdArn5
07-16 08:01

犬にストーブは理解できても、冷房は理解できんのかな?寒さには強いにもかかわらず冬になるとストーブの前に陣取るくせに、暑さには弱いのに、夏になっても冷房が効いた部屋に特に来るということはない。
07-16 19:44

因みに家は、いろいろな生き物を扱ってる関係で、夏の日中は滞在・留守に関わらず一部屋エアコンを使用しています。
07-16 19:46

07/14のツイートまとめ
TakedaShinichi

尾をニョロニョロさせる、上陸して間もないイモリ。サンショウウオとは、形は似ててもかなり違う生き物だなぁという印象。小さなサンショウウオをたくさん見たわけではないけど、尾をニョロニョロさせる動きは、サンショウウオでは見たことないです。 https://t.co/wKwEmXQi1C
07-14 07:33

07/13のツイートまとめ
TakedaShinichi

タカチホヘビを捕まえたけど撮影しますか?と声をかけてもらったので見せてもらったら、飼育容器の中に卵がありました。 https://t.co/RoAwBj2NpD
07-13 19:25

07/12のツイートまとめ
TakedaShinichi

7/12 本の紹介。https://t.co/LzIojFI1nV ←ホームページの撮影日記を更新しました。
07-12 07:58

紹介した本は尾園暁さんの「ぜんぶわかる!トンボ」でこちらです→https://t.co/nh4kU62Z94
07-12 07:59

他の撮影の都合で簡単に見つかる時期を逃したモリアオガエル。達人に同行してもらいなんとか一匹確保。時期を逃すと俄然面倒になるよなぁ。一方で、繁殖の時期を過ぎると活性が低く、とてもおとなしい。ハイ、顎を少し引いてなんて注文も可能に。 https://t.co/pEN7FwgvzL
07-12 08:11

07/11のツイートまとめ
TakedaShinichi

7/11 生き物の撮影って難しい。https://t.co/LzIojFI1nV ←ホームページの撮影日記を更新しました。
07-11 09:09

「自分の経験から言うと、いい写真を撮る人って、みんな文章が上手いし面白いんですよね。言葉なんていらないという人で、本当にいい写真を撮る人に会ったことがない。」とある編集者。そう言えば別の方からも、先月、同じような話を聞いたっけ。
07-11 09:14

確かに、僕も、先輩方の写真を目を皿のようにして見るだけでなく、噛り付くように文章を読んだっけ。
07-11 09:20

よく考えてみると、これは当たり前なのかな。自分の中にある物語を写真に表す(デザインに徹した写真は別にして、)わけで、その物語に魅力がなければ、それを表した写真に魅力があるはずないですね。
07-11 09:23

きれいなカエルやなぁ。ニホンアカガエル。実は、2~3月の産卵の時期にしかスタジオで撮影したことがなかったのですが、温かくなって食べ物をたくさん食べてピチピチした今の時期はとてもきれい。 https://t.co/YDNibeznGA
07-11 09:48

07/09のツイートまとめ
TakedaShinichi

初めてカイエビを見たときは、二枚貝が泳ぎだした!と衝撃を受けた。以降大好きな生き物の1つだが、人気者というわけではなく情報は少ない。濁りが少ない場所でクリアーに撮ろうとする癖に、後で気に入るのは、濁りが入って臨場感がある写真が多い。 https://t.co/s10qhg3Fs0
07-09 07:52

形から2種類いるのかな?と思ったけど、オスとメスなのかな。 https://t.co/VAt9qe19cM
07-09 08:03

普段スタジオでは、カメラに取り付けた小型のクリップオンスタジオを天井に向けて発光し、それにスタジオ用のストロボを同調させますが、やり直しがきかないシーンの場合は有線で接続します。線でつながっている方が安心。さて、今日のスタジオがもしも上手く行けば、グッと楽なるのですが。
07-09 08:37

07/08のツイートまとめ
TakedaShinichi

「~してあげた。」という言い方は好きではないけど、「~させてもらう。」も同じ。威張るも妙に丁寧なのも嫌。普通でありたいな、と思う。そういう意味で、そこらに普通に暮らしている野生の生物を「閲覧注意」と書く気にはなれない。 https://t.co/NMquFoosgF
07-08 09:04

昨日、一昨日と、夜の田んぼはマムシが大フィーバー。徒歩で3分くらいの区間に10匹以上。見かけない日には全く見かけないのだから、見かけなくてもそれくらいの数が隠れている可能性はあるし、フィールドワークの際に長靴は必須ですね。
07-08 09:09

07/07のツイートまとめ
TakedaShinichi

7/7 不自然な光を使う。https://t.co/LzIojFI1nV ←ホームページの撮影日記を更新しました。
07-07 11:03

07/05のツイートまとめ
TakedaShinichi

これ素晴らしいね! https://t.co/vTiAp3HH3s
07-05 17:11

7/5 今月の水辺を更新しました。今回は、外来の生き物だと言われていますが、僕の子供の頃の憧れの存在を取り上げてみました。https://t.co/LzIojFI1nV ←ホームページの撮影日記を更新しました。
07-05 18:21

07/03のツイートまとめ
TakedaShinichi

昔、高校で講師として理科を教えていた時の同僚の先生から、「またやるつもりないよね?」とお誘いの電話。講師の仕事を辞めて以降、幾人かの先生から何度か同様の連絡をもらいましたが、理科の先生って得難いのかな?僕が講師として働いていた時から、学校は確保に苦心しているようでした。
07-03 13:21

その前に、教員免許は講習を受けた上での更新性に変わったはずなので、僕の免許は失効しているはずなのですが。
07-03 13:24

ふと考えてみると、僕が教えた当時高1の学生さんが38歳になったんだと!時間がたつの早いな。
07-03 13:27

06/30のツイートまとめ
TakedaShinichi

スゲー。ミジンコの脱皮 https://t.co/r91NNNGeET
06-30 07:22

やべーといううっかりに、偶然気付かせてもらいました。撮影が佳境に入ってくると、夜討ち、朝駆け等の連発で、日時や時間や曜日の感覚が分からなくなってくるのです。危ない危ない・・・
06-30 07:36

そんな時にフッと冷静になってみると、自分が狭~い袋小路に入り込んでいることが良くわかりますね。ちなみに僕の撮影日記は、誰かに読んでもらいたいというよりは、自分の考えをまとめ冷静になるためという側面が大いにあります。
06-30 07:41

オオミズアオ - 二つの死 https://t.co/2xyYONaK8Y
06-30 17:39