FC2ブログ
水辺の写真家・武田晋一のホームページ 『水の贈り物』 と合わせてご覧ください。
06/29のツイートまとめ
TakedaShinichi

昨年撮影のアジアカブトエビ。今年も同じ場所で撮影しようとその田んぼに先日出かけたら、休耕田になっていました。水がきれいで水中のシーンを撮影するのに適した場所だったのですが。どんな人が稲を作っていたのかな?会って、農業の話を聞いてみ… https://t.co/KI0rp5KvF2
06-29 07:39

細長いのはアジアカブトエビのメスです。よく似たアメリカカブトエビは、日本に分布するものは雌雄同体、つまり同じ形をしているので、丸いのと細長いのが見つかれば、アジアカブトエビの可能性が大です。ちなみに、アメリカもアジアもどちらも外来… https://t.co/CtSFUiTJsJ
06-29 07:44

これはアメリカ。先日、「カブトエビには西日本型と東日本型がいたけど、学研の付録のカブトエビ飼育キット(アメリカカブトエビ)によって分布が乱れたというツイートがありましたが、たぶんデマでしょう。アメリカ産の生き物に、西日本型も東日本… https://t.co/6yUrLC4mmt
06-29 07:51

十数年前にフィルムで撮影した色変わりのアジアカブトエビ。カブトエビの撮影が目的ではなくて機材のテストだったことを思うと、なぜこのフィルムがスキャンしてあったのか分からないのですが、少し気になったのかな?昔の写真は下手糞で見せられな… https://t.co/M0nsQxnvGt
06-29 08:10

06/27のツイートまとめ
TakedaShinichi

採集の日の晩~翌日は、撮影が地獄やな。時間的にゆとりがある日の前日に採集ができればいいのだけど、天気の具合などもあります。また、水辺の生き物の場合は、水の量や潮も。
06-27 09:35

採集したものの撮影前に死なせてしまったらまた出かけなければならないし、丈夫な生き物のの場合はストックしておく手もあるけど場所を取る。だから撮影は急ぐし、採集~撮影~画像処理が完了する3~4日間くらいは、食事時の料理屋さんのような状況に陥ります。
06-27 09:39

撮影用に持ち帰ったものは、どんなに忙しくても、基本的に全部撮影します。持ちかえっても撮影をしないのなら、最初から持ちかえらないようにした方がいいと思うから。生き物のためにも、自分のためにも。
06-27 09:43

06/25のツイートまとめ
TakedaShinichi

昔、僕の釣りの師匠が、「みんなの釣り場を大切にしましょう。」と書かれていた看板に対して、「不愉快だ」と立腹したことがありました。「ここは川であって釣り場ではない。」と。なるほどなと思います。川は釣り師だけのものではありませんし、「釣り場」という言葉を使う人は不見識ですね。
06-25 10:01

背びれから後ろが成体よりも短いのかな?特に期待をしていたわけではなかったドジョウの稚魚が可愛いので感激。で、もっと小さいのを撮影したくなりました。去年の今頃、山口の両生類の達人・徳永さんの田んぼに遡って侵入しようとするドジョウを撮… https://t.co/wbqmzGxoFP
06-25 12:14

06/24のツイートまとめ
TakedaShinichi

山口県の人って静かだよな。飲食店に入るといつも思う。
06-24 11:24

今日、採集のついでに何を撮影したか思い出せなかったのですが、今思い出せました。今日は一眼レフではなくてEOSMを使ったのでした。撮影中にすでに、写真を撮っている感じがしないなと感じてはいたのですが。それがいいことなのか、悪いことなのかは、まだわかりませんが。
06-24 20:41

で、EOSM、スゲー写ってる。ああ買ってよかった。ソニーではなくてEOSMにした理由は、EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMという最短撮影距離が短いワイドズームの存在です。
06-24 21:01

EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMの最短撮影距離15センチって、凄いよな。最短撮影距離を短くすると、レンズの描写は悪くなると言われていますが、特にそんな印象はなし。完璧か?と言われれば、そうではありませんが、値段が安いので仕方なし。
06-24 21:28

06/18のツイートまとめ
TakedaShinichi

ナマズの稚魚ってカワイイ顔しているんですね。目がね。でもただカワイイという理由では科学物の本にはなかなか載せられないので何かないか?とよく見たら、孵化翌日のこの段階ですでにヒゲがある。ヒゲってナマズにとって重要なんでしょうね。 https://t.co/NsyJ7IxOZe
06-18 11:45

キヤノンのミラーレスカメラ用のレンズだけが先に到着。リングの動きがスムーズで、この値段でよくできているな。さすがキヤノン。
06-18 19:22

ニコンから大きめのセンサーのミラーレスが出るのを待っているのですが、仮にしばらくして出ても、僕の仕事につかえそうなレンズが出るのはそこからさらに先の可能性が高いので、キヤノンにしました。
06-18 19:24

キヤノンのMP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォトを使う限り、それ用のキヤノンのボディーが必要になるわけですが、拡大倍率が高い場合はぶれにくいミラーレスの方が都合がいいし、今更EOSのデジイチを買う気にはなれないので、どっちみちキヤノンのミラーレスは必要ということで。
06-18 19:26

ただし、3~5倍くらいの倍率で動体を撮影する場合に、ミラーレスカメラのレスポンスでピントが合った瞬間にシャッターを切れるのかどうかには、若干不安あり。
06-18 19:28

06/16のツイートまとめ
TakedaShinichi

6/16 ナマズの思い出。https://t.co/LzIojFI1nV  ←ホームページの撮影日記を更新しました。 https://t.co/3nZcV0vGNY
06-16 08:03

06/15のツイートまとめ
TakedaShinichi

Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25mm ZFは17センチまでの接写が可能。接写時はズームレンズとは比較にならないシャープさとボケの良さ。フルサイズセンサーでは手前両端が流れる傾向ですが、APS-Cのカメラで… https://t.co/Wknmd0G3kw
06-15 08:21

スマホからカメラを遠隔地操作する場合があるので、スマホからピント合わせができるAFレンズは必須ですが、ここぞという時に使用する何本かのMFレンズは持ち歩きます。そしてたまにMFレンズを使用すると、構えて自動的にピントが合い手振れ補正で画面が落ち着くのを待つ自分がいて一人苦笑い。
06-15 08:27

06/13のツイートまとめ
TakedaShinichi

有明海のシオマネキ。小さな生き物の写真の場合は量が命という面が多分になり、たくさん撮影しなければならず、一枚の写真を撮るのに時間をかけられない面が多分にありますが、有明海は、一度ある程度時間をかけて撮影したいものです。 https://t.co/gfInUtolNj
06-13 07:45

たくさんいるカメラマンの狙いはみんなムツゴロウ。他の生き物には目もくれず、ムツゴロウが終わると潮が引くように帰ってしまう連中の姿を見ると、俺はムツゴロウなんて撮らねぇぞと反骨が湧いてくるのですが、ちょっと撮影してみると悔しいけどや… https://t.co/fgtou2AIoq
06-13 07:55

殻に入って休んでいるカタツムリを強制的に目覚めさせるために持ち歩いていた水を、ヘビにかけたらどうなるかなといたずらしてみたら、葉っぱについた水滴をゴクゴクと飲みはじめました。へぇ。明暗がきつくて写らないかなと思ったのですが、解説文… https://t.co/WVpD3SiAsp
06-13 09:39

写真には写りませんでしたが、舌をペロペロさせていたのは、水飲みと関係あるのかな?それとも単なるヘビの習性なのかな?そう言えば、山口県岩国の白ヘビ飼育施設でも、ヘビが水辺でペロペロしながら水を飲んでいるのをみました。
06-13 09:44

ヘビが活発になるのは雨上がりに日差しが出た時などとされていますが、水をかけた動機の半分は、ヘビにとって水ってどんな存在なのかな?という思いから。残りの半分は単なるいたずらで、クラスのみなさんにそんなことをして、先生に怒られたものです。
06-13 09:50

06/12のツイートまとめ
TakedaShinichi

水槽を立ち上げる際には、あらかじめ生物ろ過を立ち上げておいて魚を入れるようにしているので、活性炭を使用した化学ろ過を試したことがなかったのですが、活性炭って凄いですね。飼育水に微妙な色がつきません。活性炭の威力を今更ながら知りました。
06-12 08:13

活性炭を使わなかった理由は、活性炭は一通り吸着をするとあとは効果がなくなる、つまり一時的な効果とされているからですが、確かADAの製品で、吸着を終えた後、微生物が活着する場所となり生物ろ過の役に立つと宣伝されたいたものがあることを思い出し、試してみたくなりました。
06-12 08:16

そうそう。バンブーチャコール。
06-12 08:18

06/11のツイートまとめ
TakedaShinichi

6/11 まさに「土」のツチガエル。ツチガエルはお尻で物を見る?https://t.co/LzIojFI1nV  ←ホームページの撮影日記を更新しました。 https://t.co/rWstcziI0h
06-11 09:59

06/10のツイートまとめ
TakedaShinichi

1億年前の鳥の頭や首など ミャンマーの琥珀の中で発見される #ldnews https://t.co/j3TqSPBuol
06-10 05:24

06/07のツイートまとめ
TakedaShinichi

ツクシマイマイと言えば、ベージュの地色に細い線の、この色が多いのですが・・・ https://t.co/CsUR5mwuQL
06-07 14:24

こちらも同じくツクシマイマイ。殻の色の変異には規則性があり、その規則性に関してはカタツムリハンドブック(文一総合出版)の95ページに紹介してありますが、山には黒くてゴツイものが多く、山地型などと呼ばれています。山地型はかっこよくて… https://t.co/NqxY6NTm1E
06-07 14:34

これ、何ギンポですかね? https://t.co/MmYB5WgqOT
06-07 19:12

06/06のツイートまとめ
TakedaShinichi

昨日は目が疲れた感じがするなと思っていたのですが、よく考えてみたら、前日の夜~未明にかけて田んぼの生き物を撮影していたので、コンタクトレンズの装着時間がとても長くなっていたのでした。カメラマンにとって、目が悪いって不便やな。
06-06 11:05

眼鏡という選択肢もあるのですが、視力を補正することに関してはコンタクトレンズの方が上。AFで撮れる被写体は別にして、MFでなければ撮りにくいシーンの場合、眼鏡では、究極のところのピントが合いにくいのです。特に超望遠レンズを使用する場合に。
06-06 11:11

測ると平熱なのに、感覚的に熱があるような感じがしてここ10日ほど体が重い。なのでこの晩は採集だけして帰ろうと思っていたし一旦通り過ぎたのですが、いやいや、と引き返して撮影。たまに見かける状況ではありますが、狙って探すのが難しいシー… https://t.co/nduUNPSh4u
06-06 11:22

カエルの異文化コミュニケーションの現場近くで、ミジンコとホウネンエビ祭り。水中の被写体を照らすのに適したライトはカエル用とはまた異なるので、それ用を車に取りに。さっと帰って体調不良を癒すはずが、どんどん長くなります。突然に、全校集… https://t.co/iBezB3EdbJ
06-06 11:47

決して長々と撮影したいわけではなく、この日などはもう早く帰りたいのですが、長くなってしまうんですよね。きっと、全校集会の時に話が長くて、「そんな長い話、頭にはいらんわ。もっと簡潔に!」と感じていた校長先生も、内心そんな気持ちだったのかもしれませんね。
06-06 12:03

06/03のツイートまとめ
TakedaShinichi

6/3 アイディア泥棒の話。https://t.co/LzIojFI1nV  ←ホームページの撮影日記を更新しました。 https://t.co/Lv4AVLQnso
06-03 15:42