FC2ブログ
水辺の写真家・武田晋一のホームページ 『水の贈り物』 と合わせてご覧ください。
05/30のツイートまとめ
TakedaShinichi

海で使用した水中カメラを真水に浸け、潮抜きをするための容器です。これまで四角の収納用のコンテナを使用していたのですが、これと言った理由がないのにどうしても丸が良くて、買ってしまいました。くだらないこだわりだなぁ。何でそんなつまらないことに執着するの・・・と思いつつ。 https://t.co/xfij8YBlrS
05-30 09:14

↓自然界の報道写真家・宮崎学さんが「けもの道」を発表した際に議論になったテーマですね。自動撮影って、やってみたらとても面白いんです。自分で自分の写真にビックリして感動するわけです。「こんなの撮れちゃった!」って自分で自分の写真に驚くって、実はカメラマンにとって一番大切なこと。
05-30 09:22

昨日は、女子大学で授業の一コマを担当させてもらいました。男子トイレがあるかどうかが不安でしたが、ちゃんとありました。あとで卒業生に聞いてみたら、男の先生もおられるのだそうです。当たり前か・・・
05-30 12:11

どういう経緯で今自然写真の仕事をしているのかを話したのですが、欠かせないのは、小4の時に体験した渓流釣りが、僕をより一層深く生き物の世界に導いたこと。当時としては珍しいルアー釣りだったことも大きかったでしょう。フランス製のルアーがとても素敵だったのです。
05-30 12:17

それから、釣りの師匠の楽しい話も。師匠は、釣り師らしく話が大袈裟で、嘘や間違えやデマもたくさん言います。まだ子供だった僕は、それらを丸ごと信じて、話に聞き入ったものでした。
05-30 12:19

その後、大学生になり生物学の勉強を始めると、僕は、師匠のホラ混じりの話が嫌になりました。何でこんなに不正確で、嘘ばかり言うんだろうと。でも、昨日、子供の頃の話をしてみて、あれで良かったんだと思い直しました。何といってもそのホラ話を聞いて、僕は一層生き物を好きになったのだから。
05-30 12:23

子供が親や先生に読んだもらう絵本のようなものだったのだと。市販の絵本ではなく、自分の創作話で一人の子供を自然のとりこにしたのだから、どんな名作絵本よりもスゴイのかもしれません。
05-30 12:25

05/29のツイートまとめ
TakedaShinichi

初めてのトラブルが起きたので、参考までに・・・。自然写真の仕事では、同じ画像を何度も使用するので、僕は生き物の種類ごとに分類して、カタログと勝手に名付けたHDに整理しています。ところがそのカタログが、突然に読めなくなりました。
05-29 07:16

当然バックアップもあるのですが、なんとそちらも読めない。バックアップは、ミラーリングと呼ばれる方法で作成していたのですが、恐らく、元のHDにトラブルが発生し、バッアップを取る際に、トラブルもコピーしてしまったのでしょう。
05-29 07:16

バックアップを作る際には、ミラーリングソフトではなくて、バックアップソフトを使わなければダメなのかなぁ。バックアップソフトを使用すれば、データ以外にHDの状態も記録されるので、バックアップを作成した任意の日に遡って、データを復活させることが可能になります。
05-29 07:17

トラブルが発生したHDは2台あるので、自分で解析してみようかと思ったのですが、撮影で忙しい時期だし、業者さんがどれくらい頼れるのかを知っておきたくて、成功報酬制のところに任せてみることにしました。
05-29 07:27

罠にかかったクマの写真を撮ろうとし 男性が襲われ重傷 #ldnews https://t.co/qASCrFsCCu
05-29 22:02

05/27のツイートまとめ
TakedaShinichi

ちゃんと記事を読んだり写真を見た上で、「この人にとって保全が最優先ではない」という見方は正しいと思うし、それが自分にとっては楽しくないと表明することも、やはりとても大切なことだと思います。写真を撮る人間の立場から見ても。 https://t.co/0r97EifAnG
05-27 10:23

一方でたまに見かける「自然を訴えるべき人がのら猫の写真を撮るのは矛盾している。」は、残念だなと思います。相手が何を撮るべきかを他人である自分が決めている点、自分が言いたいことを他人に言わせようとしている点で。猫の問題を言いたい人はカメラを持って自分で言うべきだから。ただし・・・
05-27 10:27

ただし、ファンの人の要望なら別。要望はどんどん伝えるべきだと思うのですが。その場合は、ファンの要望だってわかるように書く必要があるかな。
05-27 10:27

僕は、野良猫の問題点も伝えるような若い写真家が出てきたらなと思います。推測ですけど、岩合さんが審査員をするコンテストに応募したら、非常に高い確率で賞を取るような気がします。表現の世界は、自分が言いたいことを自分で言う、そんな世界なんです。
05-27 10:29

そんな人が出てきたら、この人に写真を見てもらったらとか、お手伝いできることもあるかも。
05-27 10:31

05/24のツイートまとめ
TakedaShinichi

画像を見せたら「新しくてイイ!」と喜ばれ一安心。他が、「使えるけど、もうちょっと撮ってみて・・・」だったので一勝一分けという感じで、気が楽に。新しいと喜ばれる写真って、実はみんながすでに知っているけど、それが一見新しく見えるケースです。本当に新しいものは、受け入れられません。
05-24 06:54

そこのところは、スポーツに似ているなといつも思います。前にパスするように見えるフォームで横にパスするとか、ストレートの投げ方に見えるフォームでカーブを投げるとか、写真も、矛盾させるなんです。
05-24 07:16

銀行でお金を降ろした際に残高が予想よりも少なかったので、パッと画面を閉じ考えないようにしていたのですが、一昨日突然新しいパソコンが届き、買い物したことを思い出しました。ああ、良かった。思ったより残高が少ないって、フリーの人間には、夜の睡眠の深さ~生活全般に効いてくるんですよね。
05-24 13:16

いつもは古いものに不満が出てから新しいPCを買っていたので、古いものがまだまだ使用できるのに、新しいPものを買ったのは、実は生まれて初めて。そうしておけば、古い方が予備になって安心だってわかっているのに、ついカメラやレンズの方を買っちゃいます。
05-24 13:20

新旧2台のPCを同時に起動させ、同じ操作ができるように、ソフトやデータを新品の方を設定するのに、正味の時間で丸日くらい。改めて、普段結構ややこしいことやってるんですね。
05-24 13:26

05/23のツイートまとめ
TakedaShinichi

千万の次の単位って億だったのか・・・と今更ながら思いました。一億と言われると、何となく別次元のような気にさせられます。プロ野球選手の年俸が一億超えた時みたいに。 https://t.co/xjCsLxhKXY
05-23 19:10

フジフィルムってスゴイ会社だな。フィルムの消費が、あんなに短期間で一気に激減したにもかかわらず、まるで何もなかったかのように存続してる。
05-23 19:15

そう言えば、フィルムからデジタルへの移行期に、某集まりにフジの人に来てもらい「フィルムを大切にして欲しい」とみんなでお願いしたことがありました。しかし2年後には、お願いした大半の人がデジタルへ。客の要望だからと言って、耳を傾け過ぎてはならないことが、とてもよく分かりました。
05-23 23:02

05/21のツイートまとめ
TakedaShinichi

パナのG9PROを好きになり過ぎて何かしなければ気が済まないので、先日届いたベンロのギア雲台に付属していた青のシューを取り付けてみました。スゲーいいカメラなんで、本当に買って良かった。割と最近買ったのですが、もしかしたら、今日の撮影あたりでお金の面でももう元を取っているかも。 https://t.co/RQqDnLAsy6
05-21 15:25

写真用品って、黒が多過ぎ。気分が沈むことがあるんですね。もっと意味もなく色付けて欲しいです。山に登る人が、雨で気が沈んだ時に、自分の雨具の色はあまり見えないけど、他人の雨具の色に元気づけられることがあるって言うのを聞いたことがあります。少し業界明るくなるんじゃないかな。
05-21 15:30

パナのレンズを持たないので、G9プロには、ニコンマウントを使用。今日は、 Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25mm ZF の描写がいいので、改めてビックリ。このレンズは、フルサイズでは周辺の画質が悪いのですが、マイクロフォーサーズでは、非常にいい描写の50ミリ相当のマクロレンズです。 https://t.co/FXNtcCLLdI
05-21 16:46

05/19のツイートまとめ
TakedaShinichi

野良猫のいる社会といない社会 | 広報誌「淡青」37号より | 東京大学 https://t.co/uGUqY0KsYo
05-19 16:07

ベンロのギア雲台が到着しました。耐久性はまだ語ることができませんが、サイズ、動き、値段とのバランスなど、僕なら大満足です。値段は、(続く) https://t.co/gVV49gmah4
05-19 18:38

値段は、中国のAliExpressでの購入で、US $133.57(15000円弱)。日本で購入する場合は、アマゾンhttps://t.co/siL3pMR4Vfなら、32000円前後。15000円でこれが手に入るのは、ちょっと信じられない感じ。32000円でも、後悔はないかなって気がします。
05-19 18:40

AliExpressの場合、到着までに2週間くらい。住所などを英語で記載する必要があり。中国は信用できないという方もおられますが、AliExpressで嫌な思いをしたことは僕はまだなく、少なくともシステムはよく成熟していると感じます。中国でアマゾンが通用しなかったのは、とてもよく理解できます。
05-19 18:47

このギア雲台でどこまで構図を細かく調整できるかですが、少なくとも、通常のシネ雲台や自由雲台では、まず太刀打ちできないレベルです。でも、ギアを回した時に、ギアの歯車の大きさは感じられるので、それも感じないような無段階の微調整を求める人は、もっと高価なものをお勧めします。
05-19 18:54

↓ 狙ったわけではないのに、いとも容易く珍品に遭遇してしまう現象って好きです。そう言えば昔、昆虫写真家の新開さんがお越しになった際に、何となく案内した山道で思いがけずハリサシガメが見つかりました。しかもケースに2匹入れて置いたら、気付けば交尾中でした。
05-19 20:17

05/17のツイートまとめ
TakedaShinichi

去年撮影した写真が、30ページ弱の本になって届きました。ワンダーしぜんランド6月号。「ちいさな にんじゃ あまがえる」です。 https://t.co/EFzf3sSjRm
05-17 09:20

本の幅が50センチ。幼児向けの本は大きなものが多く、写真が大伸ばしになるので、実は画質がシビア。この画像は1インチのセンサーのニコン1V3で撮影。見開きの幅50センチの場合、1インチはきちんと使いこなせば十分、でも画質を引き出せないと問題あり。小さなセンサーほど、実は腕が問われます。
05-17 09:28

もう15年以上前だと思うのですが、同じシリーズでやはりアマガエルの本を作ったことがあります。それから随分上手くなっているはずなのに、シーンによっては昔の方が写真が良かったケースもあり、自然の写真って難しいんだなと改めて思いました。
05-17 09:34

そういう意味で、時間をおいて同じ被写体をもう一度撮影する機会を与えてもらえたのは、とても素敵なことだったなぁ~と思いました。新しい被写体にチャレンジするのも、もちろん、いいことですけどね。
05-17 09:37

05/14のツイートまとめ
TakedaShinichi

よく技術や機材の工夫に関して「プロの人の極秘なんですよね。」と言われるのですが、僕は、面識がある人に聞かれれば、何でも教えるし見せます。なぜか?と言えば、自分も先輩方にそうして全部見せてもらったから。
05-14 08:45

身の回りの同業者に聞いてみても大体同じかなという印象。一件だけ、ある大先輩が、そのまた大大先輩に、ある非常に特殊な撮影機材に関して聞いたら、「それだけは勘弁して。ごめん。」と断られたという話を聞いたくらい。
05-14 08:47

そもそも、どんなに長くても6ヶ月間同じ機材で同じ手法を使うってないし、どんどん変わっていくので隠す意味もあまりないのです。むしろ、あの人に「このやり方いいよ。最高!」と教えたくせに、今自分は違うやり方しているんだよねと後ろめたいくらいかな。
05-14 08:51

また、大多数のテクニックは、探せばすでにたくさん教科書の中に書いてあることであり、そんなに大したことではないのです。難しいのは、言語化できない(つまり教えられない)部分です。
05-14 08:56

05/13のツイートまとめ
TakedaShinichi

日本人が従来言ってきた「自然」って、この感覚ですね。社会=人の意図やルールの世界とするならば、人の意図やルールではない世界を「自然」と呼んできたわけです。だから「自然に・・・」というのは、人の意図ではなくて、勝手にとか何となくという感覚です。 https://t.co/V7o8gwxDHZ
05-13 08:32

そういう意味での「自然」を大切にすることと、生き物を大切にすることは、時に別のことです。例えば、規制をかければ生き物は守れますが、それは人の決め事なので「自然」ではなくなるわけです。僕は、自然も生き物も両方バランスよく大切にする人が好きです。
05-13 08:33

或いは、自然はこう見なければならないと押し付けてくる人がいますが、それは人のルールの世界なので、そうした押し付けは、ある意味自然を損ねる行為です。自然は人のルールの世界ではないので、どう見てもいい訳です。妄想してもいいし、科学の目で見てもいいし。
05-13 08:35

野良猫を自然という人がいますが、自然を、「人のルールではない世界」と定義するなら、必ずしも間違いではありません。だからその人は自然を大切にしているとも言えるのですが、今度は生き物を大切にしていません。自然だけを大切にするのも、あまりにバランスを欠くと困るわけです。
05-13 08:37

また、科学の世界で言う「自然」は、人の意図やルールではない世界という意味での自然とは、かなり違った概念です。科学の世界の自然は、自然界に存在する法則性のことを意味します。
05-13 08:38

実際には、ある人が「自然」と言う時に、「人のルールではない世界」という意味での自然や科学の世界でいう自然が入り混じっているのが普通です。そのバランスは、人のよって異なるのですが。
05-13 08:40

僕もギア雲台が欲しくて、まだ来ていませんが、こいつを注文してみました。ドルの表示って、小数点が見間違えだっらどうしようって、支払いが済むまで落ち着かないんですよね。https://t.co/wqTB6yccab https://t.co/JlJTIqSDwH
05-13 17:53

05/11のツイートまとめ
TakedaShinichi

僕がプロの自然写真家になりたいと言い出した時、何人から「それはアマで名を成してから」つまりプロはアマの上位互換と言われたのですが、実際はある点から左に向かえばアマ、右に向かえばプロ。だからプロ志望は最初から右に向かうのが善。で、こんな本は読んでおくこと。https://t.co/iwauHBk3KY https://t.co/vJPqIEZA2Q
05-11 07:32

自然写真の場合、プロとアマはベクトルの違い。プロがアマより上位というわけではありません。そういう意味では、プロの世界を一番理解できにくいのは、プロとは逆の方向に極めたアマのベテランという面もあります。だからプロを目指すのなら、最初からプロの癖をつけた方が早いと思います。
05-11 07:41

05/08のツイートまとめ
TakedaShinichi

すごいな。生き物の擬態。 https://t.co/YT3IcCrO5h
05-08 08:08

僕は見栄をはったりカッコつけないことにしているので、正直に書くと、仕事がツライ。今日は特にツライ。今撮りたいものと、撮らなければならないものの違い・・・。ただ何を撮ってもそれはそれでおもしろいのも事実。人それぞれでしょうけど、自然写真の仕事って、そんな感じじゃないかな。
05-08 09:17

05/07のツイートまとめ
TakedaShinichi

今日は見事に全部適正露出だな。いいよ!いいよ!とたくさん撮影してふと気付きました。カメラがミラーレスじゃなくて一眼だってことに。撮影後にファインダーの中に見えていた適正露出だと思っていた画像は、撮影した画像ではなく、素通しのファインダーの像だってことに。 https://t.co/O80QMC8u5e
05-07 07:28

水中は、背面液晶に表示された画像を見る程度のちょっとした動作が陸上よりも難しいので、ミラーレスがいいな。ただ、多くのミラーレス機は、水中の被写体に対してはAFがイマイチ、いやイマニくらい?だから、水中用のフルサイズ機をミラーレス化するのは、もうちょっと先かな。
05-07 07:42

皇室関連の話には、生き物の話と共通点があるような気がして、実は僕は結構興味があります。なぜ生き物を保全するのか?は、究極のところは、生き物は昔から存在していたからであり、昔からそうだったものをなぜ大切にしたいのか?の話だと思うのです。https://t.co/MmudKHLr3y
05-07 11:17

政治の世界で言われる保守や革新は、一人の人間の中に混在していて分けられるものではないと思っているのですが、生き物や皇室の伝統に関して言うと、自分は保守だなぁ。
05-07 11:24

SONYα9 だけ「他のミラーレス機」と根本的に違うってのわかってる?(フルサイズ機において今のところ..) https://t.co/61pXbqk6Ez
05-07 12:56

ライカも悪くないけど、発売されたらこいつを2~3台買っておこうかな。 https://t.co/i7XYFbJdKv
05-07 17:41

05/06のツイートまとめ
TakedaShinichi

ぎょぶる8号は、自然に関わる人物の特集。写真がとてもいい。文字だけではどうしても伝えきれないそれぞれの人柄がとてもよく写っているのです。例えば、ドジョウで有名な中島淳さんなら、ご本人そのものの本当にやさしい顔してる。写真がいいから、記事がより一層楽しい。https://t.co/TKSvJSZb0s https://t.co/qTWefHwPkF
05-06 09:14

構図とか露出などの前に、写真には、もっと大切なことがあるわけです。ではなぜ構図だとか露出だとよく言われるのか?と言えば、言葉で簡単に表現できるから。でも写真の一番難しいところは、言語化できにくい、つまりハウツーでは片づけられないところにあります。
05-06 09:27

それから、デザインって、とても大切。ぎょぶるは、デザインがすごくいい。
05-06 09:44

写真の構図って、出版の場合は、デザインとの共同作業という側面が大きく、それを抜きに「いい構図」「悪い構図」は語れない部分があります。あくまでも出版の場合の話です。
05-06 09:45

ともあれ僕は、こういうものを買うことが粋でありステータスであるような社会になって欲しいのです。
05-06 09:47

05/05のツイートまとめ
TakedaShinichi

近所の福智山と言えば、昔は杉林を抜けて山に登ったものですが、その後杉が放置されアオキがグングン生え、今や全く違う景色に。当時すでに放置気味だったのか、木は細くてちょっと貧相な杉林だったように記憶しています。貧相な杉林を見ると子供の頃を思い出し、無心で撮影してしまいます。 https://t.co/5ufb11aEvz
05-05 08:32

大量の酒を飲みほして福島正則から槍をもらった母里友信は、福智山の向かいにあった鷹取城の城主。初めて富士山を見た時に、「福智山の方が高い。嘘なら死んでもいい」と言い張ったとか。くだらないけど、好きです。
05-05 08:36

以前月刊誌として作った本が好評で、単行本化されました。このタイプの本は、カメラマンは内容にはほとんど関わらず、与えられた絵コンテ通りに撮影する技術者として参加します。言われた通りに写真を撮るって本当に難しくて、プロを目指す人が脱落しやすい箇所です。https://t.co/2KlVikMIIn https://t.co/v5a9nvEb05
05-05 09:36

あと1つ、僕にとって難しいのは、僕の場合は、子供の頃から専門家が書いたマニアックな本が好きで、このタイプの本を自分が読んだことがなかったということ。だから僕には、一般の人の気持ちが分からない面がある点です。もちろん今は対応できるのですが、それは、後付け気味なのです。
05-05 09:44

昨日、撮影機材の使い方が分からなくて、困りました。その道具というのが、自作の道具なのでとても質が悪い。誰にも聞けないのです。嫌になるなぁ。今日落ち着いて考えて、説明書を作ってPDF化して、スマートフォンに入れておきました。問題はスマートフォンに入っていることを忘れないかやな。
05-05 19:39

05/03のツイートまとめ
TakedaShinichi

こういうの、面白いなぁ。楽しい。武田家は断捨離好きなので、この手のものはあまりありません。そんな環境で育った僕も、初心者の頃に撮影した写真などは捨てているのですが、残っていたら、1~2つくらい何か企画が立てられるのに・・・と思うわけです。 https://t.co/jdMQWHyzmI
05-03 07:32

僕より少し年下とは言え、幼稚園でお小遣いが一日100円は凄いなぁ。僕は、小学生の低学年で週140円でした。140円はカブトムシの雌一匹の値段から算出されたもの。雄は360円でした。
05-03 07:35

僕の身の回りで一番たくさんお小遣いをもらっていたのは、ダイスケ君。ウナギ屋さんの息子さんで、商売が忙しくて親が構ってあげることができないという理由で週500円。僕や僕の悪友たちはそれが羨ましくて羨ましくて、「ダイスケ、小遣い500円ももらいよるとばい。」と噂をしたものです。
05-03 07:39

ダイスケ君のところのウナギは、本当に美味しくて、その後いろいろな名店で食べても、僕は今でも彼のところのウナギが一番好きです。
05-03 07:42

05/02のツイートまとめ
TakedaShinichi

自分が言っているころがいかに正しいかではなくて、その正しいことが、どうやったら正しいこととして人に伝わるかが大切だって、えらいてんちょうさんが言ってました。政治の話でしたが、生き物を好きな人が概して苦手な点なので、グサッときました。
05-02 06:53

生き物好きの人には、生き物を好きであることを子供の頃に保護者の方から大切にしてもらった人が多いのですが、僕の場合は父が生き物嫌い。飼育していた生き物などは、何か理由をつけて捨てられるか、追いやられる運命にありました。
05-02 07:15

父は、生き物の何を嫌っていたのか?一言で言えば、生理的に受け付けないだと思いますが、他に、自分が言っていることがいかに正しいかだけをひたすらに主張する、生き物好きの人の体質だったのかな、と今になってみると思います。
05-02 07:19

生き物に親しんでいた子供の多くは、中学~高校になると、興味の対象がスポーツやファッション(究極のところは異性?)に移り変わることが多く、仮にそれを卒業と呼ぶならば、僕の場合は、生き物に存分に触れることができなかったがゆえに、卒業できなかったケースだと自分では思っています。
05-02 07:22

そんな環境だったので、僕は、生き物を好きな人の中では、生き物が嫌いな人の気持ちはとてもよく分かる方だと自分では思っています。因みに、父は学問が好きなので、生き物は許されなくても、生物学なら許されました。また、カメラが好きだったので、自然写真なら許されたわけです。
05-02 07:27

05/01のツイートまとめ
TakedaShinichi

後ボケがきれいなレンズは前ボケが汚いことが多く、ボケがいいと思っていたレンズの性格がガラリと変わることがありますが、古いニコンのマクロ・Ai AF Micro-Nikkor 60mm F2.8Dは、前ボケと後ボケが同じようにぼけます。草むらの中のちょっと大きめの虫など、前ボケも後ボケも入る撮影には最高。 https://t.co/2oXemNYOYj
05-01 08:33

後ボケも前ボケも物凄くいい訳ではないのですが、このレンズの安定感は現場では扱いやすいんです。特に蝶の撮影など、被写体が移動するがゆえにじっくり背景を選べない撮影で。
05-01 08:40

それからレンズのボケ味は、現像ソフトで違ってきます。ニコンユーザーなら、NXーDとシルキーピクスとでは、時に別のレンズと言ってもいいほど違います。強い輪郭が欲しい時はNXーD、ボケ味が欲しい時はシルキーピクスです。
05-01 08:43

NXーDの画像処理は輪郭のコントラストが高いので、輪郭がシャープな分ボケが汚くなります。因みにフォトショップのアンシャープマスクは、画像の中の輪郭を検出して、輪郭の部分だけコントラストを高くすることで画像をシャープにみせる仕組みですが、コントラストとボケ味って関連が深いのです。
05-01 08:50

こういう飼育の工夫って面白いよなぁ。こういうのを見るの大好き。 https://t.co/T3WVAon9Ku
05-01 08:54

フォトショップのアンシャープマスクのしきい値は、どれくらいの明暗差がある場所を輪郭と見なすか、半径はその輪郭をどれくらい太くするか、量はその輪郭をどれくらい濃くするか、だったと思います。確か・・・、正確を期す人は自分で調べてください。
05-01 09:19

小学生の時に、人物の絵を描いた際に、人物の輪郭をはっきりさせるために黒い線で塗って、先生から「人にこんな縁取りはありませんよ。」と指摘をされたのですが、フォトシャープマスクは、僕が描いてしまった黒い線にちょっと近いのです。肉眼で感じられないくらい細いのですが。
05-01 09:22

↑ フォトシャープマスクは、アンシャープマスの間違え
05-01 09:40

04/30のツイートまとめ
TakedaShinichi

バスケットのトーナメントのCMなんだぁ。これカッコいいな~!幾つくらいの年齢の人が作っているのかな?僕と同世代くらい?米米CLUBのShake Hip!を選ぶくらいだから、若い人ではないと思うのだけど。https://t.co/7O6eMeKcP4
04-30 06:52

↓ SSPのコンテンツをとても有効に、継続して生かしてもらえて嬉しいなぁといつも思います。宮博の学芸員は、確か学校の先生と同じ枠の採用で、転勤で先生になる方もおられると聞いたことがあるのですが、普及という面では、先生の強みが発揮されているんじゃないかなぁ。
04-30 07:12

北九州魚部を立ち上げたI先生も、普段は学校の先生の匂いがしないのですが、ポイントポイントでは魚部の活動に先生のノーハウが生かされていて、本当に一生懸命取り組んでいる学校の先生って凄いんだなって思い知らされることがあります。
04-30 07:18

僕が大好きなカタツムリの世界なども、いい研究をしてたくさん発表しておられる方の中に学校の先生がとても多いんです。そこにとても興味を感じて、とある方に、「何でこんなに学校の先生が多いんですか?」と聞いたことがあるほど。
04-30 07:26

すると、カタツムリだけでなく、昔は、在野の研究者に学校の先生がとても多かったんだよと教えてもらいました。
04-30 07:28

犬の顔って、成犬になると子供の頃の面影さえなくなるのですが、ごくたまに一瞬子供の時の顔をするので、今だ!と撮影。何とか撮りたいと思っているのですが、直前に風景を撮影した関係でカメラの感度が低くなっていて、ぶれてしまい残念。 https://t.co/ZnmAlzNjPl
04-30 10:14

カメラの感度の自動設定は便利ですが、ストロボをマニュアルで使用する際に困るので、ストロボを使用するカメラでは、僕は自動設定を使いません。音声入力で、「イソ800」とか言葉で指示できるようになったらいいのになと思うことがあります。
04-30 10:18

テレビで天皇陛下がいろいろとほめられているのを見て、内容によっては、これと同じことなら俺もやっているけどなと思うわけですが、その小さな場面だけでなく、日頃からあらゆる局面で尊敬されるような人間になろうと志すのが天皇陛下の仕事なのでしょうね。
04-30 19:20

そう言えばカメラマンだって、同じ写真を見せても褒められるような人間になるという側面があります。みんなに見せている写真の絵柄というのは、実は案外表面的なことで、その人のバックボーンが見られているというような。そして、それが一番厳しくて難しい。
04-30 19:22