FC2ブログ
水辺の写真家・武田晋一のホームページ 『水の贈り物』 と合わせてご覧ください。
09/08のツイートまとめ
TakedaShinichi

僕が初めて自然写真の仕事をする際に指摘されたのが被写界深度でした。「我々写真を選ぶ側の人間にとって、被写界深度不足もピンボケもぶれも機材が悪いのも、全部まとめて、見たいところがよく見えないただの画質が悪い写真だよ、と。
09-08 06:59

画質には2種類あります。1つはカメラの画質、あとの1つは写真の画質。例えば、ISO100と800とでは、カメラの画質はISO100の方がいいわけですが、写真の画質は必ずしもそうではありません。低感度で絞り切れずに被写界深度不足になるくらいなら、高感度の方が写真の画質がいい場合が多々あります。
09-08 07:03

ともあれ、僕が一番最初に指摘された「画質が悪い」は、写真の画質の話ですね。先日、「それが分からないやつがいる」とカメラマンが糞みそに言われるのを聞きながら、実は・・・とひそかに自分が若い頃に受けた指摘を思い出したのでした。
09-08 07:17

でも確かに、カメラマンって、ぶれやピンボケにはこだわるのに、被写界深度不足に関してはルーズな人が少なくないかな。もちろん、絞りを開けた描写というのもあるのですが、その場合は、被写体の捉え方や切り取り方から違ってきます。
09-08 07:34