FC2ブログ
水辺の写真家・武田晋一のホームページ 『水の贈り物』 と合わせてご覧ください。
09/15のツイートまとめ
TakedaShinichi

生き物の観察会って、おもしろいな。子供って面白い。それから、子供を大切に思う保護者の方を見るのは、講師にとってとてもいいことで大切なことかもしれません。子供を生き物の観察会に連れていくという時点で、凄いことかもしれません。
09-15 07:59

磯の観察会で講師をしたのは初めてですが、磯は生き物の宝庫。次から次へと不思議な生き物が見つかるので、みんな夢中で数時間があっという間。磯すごいわ。
09-15 08:03

観察会の前に、九州産業大学美術館で嶋田忠さんの写真展を見せてもらいました。嶋田さんの働き盛りと僕がプロの自然写真家になりたいと考えはじめた時期はちょうど重なっているので嶋田さんの作品には思い入れがあり、特別な感情が込み上げてきました。
09-15 08:07

嶋田さんが16歳の時に初めて撮影したというモズの写真が展示されていたのですが、すでに出来上がっていて商品撮影的な精度があるのでビックリ。
09-15 08:16

大学時代に初めて昆虫写真家の海野先生に会いに行った際に、「写真の絵画性の部分は才能の要素が大きくて、誰かが初めて撮った写真を見れば、その人がどこまで上手くなるかがだいたい分かると言われているんだよね。」と話してもらったのですが、その話を思い出しました。
09-15 08:20

確かに、僕は出版物マニアで人の写真をとてつもなくたくさん見ている方で、僕と同程度見ている人にはたまに出会っても、僕より見ている人には出会ったことがない(最近の写真は逆に全く見なくなってしまったのですが)のですが、絵画性の部分が著しく上達した人って、見たことがありません。
09-15 08:24

絵画性を、何を気持ちと感じるかだとするならば、食べ物の好みとか異性の好みみたいなもので、多少は矯正できても、本質的には本人にもどうにもできないのかな?
09-15 08:30

ともあれ、写真や野鳥が好きな人で九州産業大学まで行くことが可能な人は、是非見てください。九州産業大学美術館は、https://t.co/fuwiv85NoH
09-15 08:35