FC2ブログ
水辺の写真家・武田晋一のホームページ 『水の贈り物』 と合わせてご覧ください。
ニコンD3を使う理由
_DSC8145.jpg

 ニコンD3と言えば高感度の画質がずば抜けていいカメラであり、光の条件が時に厳しい場所で使うカメラだというイメージがある。
 だから逆に、光をコントロールできるスタジオで使う道具という印象はないが、僕はここのところ、いつの間にかD3をスタジオで使うことが多くなった。

 その理由は幾つかあるが、まずは、以前にも書いたように、記録メディアが2枚入ること。
 スタジオでの撮影は楽しみの要素が少なく、仕事的。だから、機材のトラブルで写真が撮れていなかった場合は、がっかりするを通り越して、投げ出したいという気持ちになってしまう。
 その点D3は、そうしたトラブルの確率が、今存在するデジタルカメラの中で、恐らく一番低いカメラだろうと思う。

 それから、ニコンには100ミリクラスだけでなく、50(60)ミリクラスにも、優れたマクロレンズが存在することも大きい。
 時々、50ミリクラスと100ミリクラスのレンズで同じ被写体を撮り、どちらのレンズの方が高性能だ、などと語る方がおられるが、それは実にナンセンスな話。レンズの性能は、被写体との距離によっても違ってくるし、レンズによって得意な距離があり、100ミリの方がいい描写をする被写体もあれば、50ミリの方がいい被写体もある。
 比較的大き目の被写体を、ビシッと描き出したいようなケースでは、ニコンの60マクロは実に素晴らしい描写をする。

 そして3つ目は、ニコンキャプチャーNXの存在。
 僕は、ニコンキャプチャーNXが、ややこしい感じがして当初好きになれず、仕方なく使っている感が強かったのだが、少しずつ慣れ、少しずつ使いこなせてくると、逆に、ニコンキャプチャーNXの威力を思い知らされるようになった。これはすごい機材だ!と。
 僕の場合、99%以上RAW撮影なので、僕にとってRAW現像ソフトは、カメラの性能の一部なのである。 

 さて、スタジオで金魚の写真を撮った。今日の画像の一番下に写っている金魚は、尾の形が実にいい。
 金魚マニアのみなさんは、そうしたいい形の魚だけを残し、そうではないものを処分し、最終的には、1つがいの親が産んだ数千匹の子供の中から数匹が残れば上等といった感じになるようだ。
 だが、僕が今作ろうとしている本では、
「1つがいの親から、いろいろな形の魚が生まれるよ。」
 というページを作りたい。
 すると、マニアのみなさんのように魚を処分して数を減らすことができないので、魚が大きくなるにつれて、どんどん新しい容器を設置しなければならない。
 その作業に、僕は今、苦しめられている。 

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
大変そうですね
タケダさんの金魚の飼育を拝見していると、数年前の友人を見るようで、ニンマリしてしまいます。
みんな、たいせつに育てたくて、大変な思いをしていました。

私の好きな柄は、右側に少し飛び出た白いボティにちょっと黒い尾の金魚とその後ろの白いボティに赤い頭のです。
金魚道の常識からは外れますが、金魚を買うときは自分の好きなのを買うことにしてます。
2008/08/15(金) 22:08:47 | URL | そよ風ふく #q4Wv./JA[ 編集]
たくさんの小さい金魚を上から見たら面白いですね。一番下の尾っぽの形がちがうのがいい!
2008/08/16(土) 20:48:02 | URL | you #-[ 編集]
そよ風ふくさん
自分で卵を産ませて育ててみると、それ以前とは多少魚の好みが変わってきました。
たくさんの魚の中に、ちょっと違う形のものがいると、ドキッとするし、嬉しいのです。希少性ということなのでしょうね。少しマニアの人の気持ちが分るような気がしました。
2008/08/17(日) 06:36:24 | URL | タケダシン #-[ 編集]
YOUさん
これから形だけでなく色も面白くなっているので、とても楽しみにしています。
2008/08/17(日) 06:37:35 | URL | タケダシン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
D3??????????Τ????λ????????????Τ?????Υ???ä顢????
2008/08/23(土) 10:44:18 | ???????罸by Goodor Bad