FC2ブログ
水辺の写真家・武田晋一のホームページ 『水の贈り物』 と合わせてご覧ください。
人工物
ランチュウ

 僕は野生の生き物が好きだから、品種改良を重ねた生物にはあまり興味を持ったことがない。たとえば犬なら、日本犬のような犬らしい形をしたものが可愛いと感じるし、逆にチワワやダックスフントのような作り込まれた犬は、あまり可愛いとは感じない。
 当然、品種改良の塊である金魚にも興味を持ったことはなかったし、むしろ、人が徹底して手を加えたオゾマシイ世界だと思い込んでいたことは、以前にも書いたことがある。
 ところが、いろいろと縁あって金魚を撮影してみると、その面白さが徐々に分ってきた。僕にとっての金魚の魅力は、遺伝の不思議と品種改良にかける人の思いだ。
 だから金魚の場合、品種の特徴がよく出ているものを手に入れなければ面白くない。
 
 さて、昨年末にある方から、
「武田さんは自然が一番美しいと思うかもしれませんが、建築家には、人工物こそが美しい!って言う人が多いんですよ。」
 と言われて、ハツとさせられた。確かに、僕は自然物が一番美しいと固く信じていた。
 そして問題は、それを真理だと思い込んでいたことである。
 何かを一方的に信じ込んでいて、決まったことしか言わない人との会話は、相手にしてみればしばしば虚しい。そして、僕は自然について伝えたいことがあるのだから、相手から、会話ややり取りが虚しいと思われてはならないのである。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック