FC2ブログ
水辺の写真家・武田晋一のホームページ 『水の贈り物』 と合わせてご覧ください。
EOS5D vs. OLYMPUS E-620 (淡水の水中編)
st11354c.jpg
OLYMPUS E-620 EF20mm F2.8 USM(改)
水中ハウジング使用
st11353o.jpg
OLYMPUS E-620 ED 9-18mm F4.0-5.6(改造)
水中ハウジング使用

 僕が主に撮影しているような小さな生き物は、冬はあまり活発ではない。したがって撮影に関して言うと冬期はシーズンオフの感があるが、それでも2月に入るとアカガエルの仲間や小型のサンショウウオの産卵が始まり、同時に僕の新しいシーズンがスタートする。
 いずれも浅い水辺に卵を産み落とすので、水中カメラが大活躍。そして今年は、それらの撮影にキヤノンのEOS5DとオリンパスのE620を使用する予定だ。

 キヤノンのEOS5Dと他のカメラとを同時に使用した際にいつも感じるのは、5Dのできの良さだ。そして今回も、改めて5Dの画質の良さを感じた。
 特に無地に近い部分やアウトフォーカスになっている部分の空気感がほんとうにイイ。今回の画像なら、サンショウウオの卵の背景にある水の質感描写が素晴らしい。
 そうした空気感に関して言えば、僕の知りうる範囲では、例外なくセンサーが大きいカメラほどいい。

 逆にオリンパスは、ピントが合っている部分に関しては、フォーサーズ独特のピントの深さとシャープさがあり、生き物そのものをシャープに見せるような撮り方には大変に適すると感じた。
 だが無地に近い部分やアウトフォーカスになっている部分の描写はイマイチで、言葉に表すならベタッとして絵が安っぽい。特に光が少ないフラットな状況では、それが顕著になる(光が十分にあり無地の部分にもある程度のコントラストがつけば、途端にそうしたことは感じなくなるのだが)。

 5DとE620とを同時に使用すると、2つのカメラの性質の違いがとてもよく分かり、それはちょうど35ミリ判と中判の違いに良く似ている。
 フィルムの場合、35ミリ判には35ミリ判に適した被写体が、中判には中判に適した被写体が、大判には大判に適した被写体があった。そして大判に適した被写体を35ミリ判で撮影しようとするのは、一種無謀なことであった。
 デジタルでもフォーサーズにはフォーサーズに適した被写体が、フルサイズにはフルサイズに適した被写体があり、ある程度、自分が使用しているカメラに適した切り取り方をする必要もあろうかと思う。
 特にフォーサーズを使用する場合は、35ミリ判フルサイズセンサーのカメラやAPS-Cのカメラとはかなり性質が違うため、フォーサーズの持ち味が生きるシーン、生きる切り取り方をして、フォーサーズの良さを引き出すことが必要だと僕は感じている。

 僕の場合は空気感重視なので、センサーはなるべくなら大きい方がいい。
 ただE620に関してはサイズがとても小さいので、EOS5Dが沈まないほど浅い水辺専用のカメラとして導入したのだが、僕の絵作りの好みから言えば、小型のAPS-C機でも良かったのかもしれない。
 特にペンタックスには、35ミリ判換算で20ミリ前後で最短撮影距離が非常に短い単焦点レンズが準備されている点に大変な魅力を感じる。
 淡水の水中では、被写体までの距離が遠いと水の濁りで像が不鮮明になるため、なるべく短いレンズで被写体に近づいて撮影するし、僕の場合は20ミリが標準レンズになっているのだが、ただ20ミリ相当のレンズには最短撮影距離が長いものが多く、それが大いに問題になるのだ。
 因みに、今回の画像を撮影するために使用したキヤノンの EF20mm F2.8 USM は、マウントのネジをいったん緩め、マウントとレンズの銅鏡の間に薄い金属のリングを挟むことで、超極薄の接写リングをかましたような状態になっている。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック