FC2ブログ
水辺の写真家・武田晋一のホームページ 『水の贈り物』 と合わせてご覧ください。
偏光フィルターと水辺の撮影
_DSC2365.jpg
NikonD3X AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED SILKYPIX

 レンズの評価って難しいな、と思うのは、逆光に優れていると言われているレンズにも、弱い角度が存在し、その角度に関しては、他のレンズの方が優秀だったりすること。
 レンズの評価は、そんなものだと思っておくことが肝心だ。
 ただ全体として見れば、ニコンのAF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G EDの逆光性能は、圧倒的、驚異的であり、物凄い性能のレンズだと言える。

 カメラを逆光に構えると、被写体の表面にキラキラギラギラ反射が生じる。特に水辺では、その反射が顕著になる。
 それらの反射は、偏光フィルターを使用して抑えるのがセオリーだとされている。先日も、とある水辺で、写真教室の先生が受講生の方々に、そんな指導をしておられた。

 だが僕は、滅多に偏光フィルターを使用しない。
 レンズに取り付けるのは、せいぜい年に数回程度。理由は、その反射(つまりハイライト)の表現こそが撮影の腕の見せどころであり、面白さであり、そこに個性が出るものだから。
 また、ハイライトの描写は高価なレンズと安価なレンズの違いの1つであり、僕の場合、そのハイライトの表現を楽しむために、高価なレンズを使っているのだとも言える。

 さて、ニコンのAF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G EDを使用するようになって以来、ますます偏光フィルターを使わなくなった。
 使おうかな、と思っても、せっかくの高性能なレンズなのだから、なるべく他のガラスを通したくないと思う。
 そこで、高性能なレンズの性能をなるべく損なわないように、なるべく高品位なフィルターを、とケンコーのZetaシリーズを買ってみた。
 
_9070127n.jpg
〈 kenko 77S Zeta C-PL 〉

 偏光フィルターは、高価な上に傷が付きやすいので、ソフトケースには入れたくない。
 その点、作りのいいハードケースが付属していることは、ありがたい。
 
_9070129n.jpg

 ただ残念なのは、そのケースが大き過ぎること。専用ケースなのだから、もっとギリギリのサイズにして欲しかった。77ミリ径のフィルター用のケースなどは、大き過ぎて収納の場所を選ぶ。
 そして、ケースが案外重い。もっと軽量化ができなかったのだろうか。


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
参考になりました
よく、C-PLを使っているので、とても参考になりました。
2011/09/09(金) 08:23:02 | URL | cas50414 #-[ 編集]
Re: 参考になりました
> よく、C-PLを使っているので、とても参考になりました。

次回、暇な時に、反射を生かした水辺の写真をUPする予定です。
2011/09/09(金) 09:56:13 | URL | タケダシン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック